サイゾー運営のサイト「TOCANA」が、ブライトバートなどフェイク・デマニュースサイトからの引用が多くてヤバい

スポンサーリンク

サイゾー運営の「TOCANA」というサイトが、ブライトバートなどフェイクニュースからの引用が多くて中々ヤバい‥

月刊雑誌「サイゾー」、サイト「Business Journal」「リテラ」「おたぽる」などを展開する株式会社サイゾーが運営するWebニュースサイトの一つに、「TOCANA(トカナ)」なるものがあります。

最近、このサイトが中々のフェイクニュースまみれなところであることに気が付きました。

※フェイクニュース…嘘であることをわかっていながら、わざと作られ流されるデマニュースのこと。その内容がかなり荒唐無稽でインチキであるのが特徴だが、「嘘も1000回言えば本当になる」の精神で、堂々と流布される。

2016年アメリカ大統領選では、Facebookを中心に「ローマ教皇がトランプを支持」「ヒラリーはパーキンソン病」「ヒラリーが多額の賄賂を受け取る」といった嘘ニュースが流れ、しかもそれを多くの人が信じてしまっていた。

キッカケは、「はてなダイアリー」にあげられていた次の文章。

・福祉と教育が充実しててリベラルに絶賛されてたスウェーデンが最近おかしい -はてな匿名ダイアリー

「ムスリム批判は絶対に許されない」移民が侵食するスウェーデンの“パラレル・ソサエティ”化が深刻すぎる(国防省レポート)-記事詳細|Infosee…

内容要約:

・スウェーデンに関するニュース記事を見た

・スウェーデン国防省が公式に「イスラム教徒をスウェーデンから排除しないと国防に問題が出る」と述べている

・ご存じスウェーデンの高福祉は少子化対策に効果なく、結局大量の移民を受け入れてくることで人口を保ってきた

・結果、国内でイスラム教徒の数が増え、そしてイスラム教徒による暴動が頻発している

・国防省が明確な危機感を持ってこういった声明を発表した

これはTOCANA掲載の記事を元にして、持論を展開した文章。しかし、持論の前にまず引用元の情報が滅茶苦茶なものとなっていたので、どういうことかとその引用先を辿ったところ、あの「ブライトバート」でした。

このような「少子化対策の福祉政策に効果なし&移民により凶悪犯罪が大幅アップ&移民の数がどんどん増えている」なるものは、ヨーロッパである典型的なデマであり、こういうのを目にしたら、十中八九デマだと思ったほうが良いんです…。

ブライトバートについてはさんざん既存マスコミなどでも説明されていますから、改めて説明するのもアレですが、一応書きますと

  • トランプ大統領の首席戦略官・大統領上級顧問を務めるスティーブン・バノンが会長を務める「ブライトバート・ニュース・ネットワーク」が運営するニュースサイト
  • アクセス数アップのため、デマニュースをでっち上げてはあたかも本当にあったかのように発信する典型的な「フェイク(嘘)ニュースサイト」
  • アメリカ・メリマック大学メディア学准教授メリッサ・ジンダーズ氏によれば、現在フェイクニュースサイトは同氏が調べあげただけで140以上が存在
  • ブライトバートは、それらサイトの中でもひときわ多くのアクセスを集めている

といったものになります。

・デマニュースをバンバン流すTOCANA

実際に、TOCANAが掲載しているヤバそうなフェイクニュースを以下に集めてみました。

・「イスラム国」指導者は俳優だった!? トランプ政権最悪の陰謀シナリオ2017版!

➾トランプの当選にも多大なる貢献を果たしたと言われている、ロシア国営のデマサイト「RT」から。わかりやすい陰謀論話。それにしてもロシアという国は、国営でデマサイトを持つような国なんですな‥。

RTからのTOCANA記事では、つぎのようなものもあります。

・【911テロ】WTCビルは内部から崩壊した!? 大手メディアや学者が今年も次々と米の自作自演を暴露

・最強の陰謀一族「マーサー家」とは? 世界を牛耳っているのはロックフェラーでもロスチャイルドでもなかった!

・【宇宙の謎】ヒッグス粒子は発見されていなかった? ノーベル賞実験に早くも疑惑が浮上!

そのほか、著名フェイクニュースサイトから

・ヒラリーは「人工肛門」だった!? 米医師71%がヒラリーの健康懸念、重病説を唱えた者は“抹殺”も!?

・【緊急速報】24時間以内にウィキリークスが「メルケル独首相に“爆弾”投下する」と警告! 遂にEU崩壊か!?

➾フェイクニュースサイト「Disclose.tv」やブライトバートなどからの引用。「ヒラリー=重病」説は多くのフェイクニュースサイトが流した典型的なデマの一つ。

・オバマはゲイだった!? ミシェル夫人の股間も膨らんでいる!? 史上初、揃って“疑惑”に晒される大統領夫妻

➾有名フェイクニュースサイト「WND」から

ーーー

「TOCANA」は、サイト案内ページによれば、

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信 TOCANA.

と記されています。

要するにこのサイトは学研の月刊誌「ムー」のWebサイト版のようなもので、例えばムーにおいてUMAやらUFOやら陰謀論やらの情報が満載だとしても誰も目くじらを立てないようにTOCANAにしても、基本的にはそのような扱いをしていたほうが健全なんでしょうか。

しかしこのサイトが悪質なのは、「あたかも真面目なニュースの体裁をとったデマニュースをデマと記載せずそのまま配信している」ということで、上記のデマ記事は「infoseek楽天ニュース」「エキサイトニュース」「BIGLOBEニュース」「auニュース」など多くのニュースサイトで配信され、影響をふるっています。

冒頭のスウェ-デンの記事にしても、この内容をそのまま信じ込んだ人が、はてなブックマークやら各配信ニュースサイトのコメント欄においてチラホラ見かけることが確認できるわけで、まあ何とも言えない暗澹たる気持ちになるんですな…。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク