経済紙WSJ「アップルは iPhone 8で画面上の指紋認証の開発に失敗した。代わりに顔認証がその役割を担う」

スポンサーリンク

経済紙WSJ「アップルは iPhone 8で画面上の指紋認証の開発に失敗した。代わりに顔認証がその役割を担う」

・ホームボタンがないiPhone 8の予想デザイン(左)と現行モデルiPhone 7(右)

アメリカの大手経済新聞 Wall Street Journal (WSJ;ウォール ストリート ジャーナル)が、信頼できる情報源からのものとして、アップルの新型スマートフォン「iPhone 8(iPhone X)」の情報を掲載しています。今回の情報は、iPhone 8での指紋認証 TouchID・顔認証について

・iPhone 8(iPhone X)での指紋認証 TouchID・顔認証について

・(これまでの情報の通り、)iPhone 8では画面が大きく、フチの狭い「ベゼルレスデザイン」のため、ホームボタンがない

・アップルはホームボタンを無くすことを決めた後、タッチID機能をディスプレイ上で機能させようと試みた

・だが残念なことに、タッチIDをディスプレイ上で機能させることはかなり困難であることがわかり、結局アップルはこの試みに失敗した

・iPhoneの製造プロセスは複雑なため、他機種では可能だったディスプレイ上の指紋認証も、エラーが起こりやすい

・代わりに、iPhone 8ではタッチIDの代わりに顔認証がその役割を担う

・画面上での指紋認証機構の開発が遅れた結果、iPhone 8の生産が約1か月遅れた

iPhone 8はiPhone 7s、iPhone 7s Plusらと共に、今月9月12日の発表が期待されています。

参考:

WSJ

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク