ミンチー・クオ「18年はiPhone・iPadでFaceIDが一般的になる」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「18年はiPhone・iPadでFaceIDが一般的になる」

2017年も終盤を迎え、すでに各アナリストは2018年の展望を描くようになりました。

おなじみ台湾KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo(ミンチー・クオ)氏は先日、2018年Apple iPhone・iPadのラインナップについて示し、

  • 2018年のすべてのiPhoneモデルにおいて、顔面認証と3Dアニメを可能にするTrueDepth カメラとFace IDが搭載される
  • 2018年登場のiPadタブレットでのTrueDepth カメラが追加される

との見解を示しました。

また大手テックサイトApple Insiderは「ガラスとプラスチックのレンズを組み合わせることで、Appleは来年TrueDepthカメラの品質を下げ、これにより安価に製造できるようにする」と予想していますが、クオ氏はこの予測を否定。

そのほか同氏は「Appleが2018年の製造ラインにおいては、多様なサプライチェーンを構築し、iPhone Xのようなプロダクトの不足が起こらないようにしている」「アップルの3D認証機能(FaceID)は2018年中盤から2019年までにおいてはAndroid勢が追いつけない技術優位性を持っている」といったことを述べています。

参考

phonearena.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク