ミンチー・クオ「2018年 iPhoneは、2機種が有機ELモデル搭載。デザインも変わり、TrueDepthカメラ&Face IDが全iPhone・iPad Proに搭載」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「2018年 iPhoneは、2機種が有機ELモデル搭載。デザインも変わり、TrueDepthカメラ&Face IDが全iPhone・iPad Proに搭載」

期待の新型スマートフォン「iPhone X」が発売されたばかりの今日この頃ですが、早くも来年2018年に登場する新型iPhoneの話が持ち上がっています。

アップル関係でおなじみ台湾KGI証券のアナリスト、Ming​​-Chi Kuo(ミンチー・クオ)氏による投資家向けのレポートによれば、2018年、OLED(有機ELディスプレイ)とステンレススチールケースを搭載したiPhoneは、2017年のiPhone Xのような1機種のみの登場だけでなく、さらにもう1つ増えて2機種になるとのこと。

また加えて、2018年のこれらモデルではデータ伝送品質を改善するためにステンレススチールの金属フレームに変更が加えられるとしています。

具体的には、現状iPhone Xにおいてはスチールケースの周りに4つの部品を使用されているものが、来年のモデルではより多くの部品が使用される様子。これにともない、見た目的なビジュアル面においても、さらに変更が加えられます

現在のiPhoneとしては、4.7インチのiPhone 8と5.5インチのiPhone 8 Plus(これら2機種は液晶ディスプレイ搭載)、そして先日発売された5.8インチiPhone X(有機ELディスプレイ搭載)の3モデルがありますが、ここに新たに有機ELディスプレイのモデルが加わるのか、または液晶ディスプレイの機種が有機ELディスプレイに代わるのかは不明。

これに関し、大手テックサイトの9To5Macは、『iPhone Xより大きな「プラス」バージョン、すなわち「iPhone X Plus」が登場するのではないか』と予想しました。

確かにこれまでにおいて、iPhone Xよりさらに大きいモデルの登場が噂されています。

2018年発売、6.4型「iPhone X Plus」の予想本体図が早くも登場 テックサイトのiDropNewsが、201...

また今回のKGI証券のレポートによれば、2018年にはTrueDepthカメラ&Face IDが全てのiPhone、iPad Proに搭載される一方で、一部で噂されている背面メインカメラでのTrueDepthカメラ搭載は無いようです。

・まとめ

以上のことを整理すると、次の通りになります。

・有機ELディスプレイを搭載するiPhoneはもう1機種増えて2機種に

・これらモデルはスチールフレームが変更、通信品質が改善され見た目も変わる

・大手テックサイトはiPhone Xよりさらに大きい「プラス版」が登場すると予想

・2018年にはTrueDepthカメラ&Face IDが全てのiPhone、iPad Proに搭載される

・メインカメラでのTrueDepthカメラ搭載は無い

参考:

9to5mac.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク