リリースされたばかりのiOS 11.2で、Face IDが動かなくなる不具合が発生中

スポンサーリンク

リリースされたばかりのiOS 11.2で、Face IDが動かなくなる不具合が発生

2017年12月2日にリリースされたばかりのiOS 11.2。この新バージョンでは12月2日から多数ユーザーにおいて発生していた「再起動を不定期に起こす不具合」の解消「iPhone 8・iPhone Xでの高速無線充電の対応」などさまざまな機能の追加が行われていました。

しかしながら大手テックサイト9to5macが報告するところによれば、現在、このiOS 11.2においてiPhone Xの顔認証機能「Face ID」機能が動かなくなる不具合が生じているようです。

【不具合の様子】

・iOS 11.2においてiPhone Xの顔認証機能「Face ID」機能が動かなくなる

この不具合が生じた場合、”Unable to activate Face ID

on this iPhone(このiPhoneにてFace IDをアクティベートできない)”との表示が行われます。

ただこの不具合は、すべてのiPhone X・iOS 11.2ユーザーにおいて起こるわけではなく、個人的に所有するiPhone Xでも生じていません。

【対処法】

今のところなし。この不具合は全てのユーザーにおこるわけでは無い。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク