調査会社「18年、2種類のディスプレイを採用した13.3型MacBookが登場する」

スポンサーリンク

調査会社「18年、2種類のディスプレイを採用した13.3型MacBookが登場する」

・予想デザイン

調査会社IHS Markitは最新レポートとして、新型13.3インチMacBookの情報を伝えています。

ディスプレイの種類の異なる、2つの13.3インチMacBook

IHSによる情報は以下の通り。

2種類の新型13.3インチMacBookが登場する

ともに解像度2,560 x 1,600のRetina解像度ディスプレイ

・2つのモデルは採用するディスプレイが異なる

・採用ディスプレイとは、それぞれ「透明酸化物半導体TFTディスプレイ(TOS TFT)」モデル、「アモルファスシリコン(a-Si)TFTディスプレイ」モデル

・アモルファスシリコン(a-Si)TFTはノートパソコン用として一般的。一方TOS TFTディスプレイは最近出てきた新しいタイプのTFTで、その一種にシャープでおなじみ「IGZO液晶」がある

・TOS TFT搭載モデルは、(コスト的に、より高価な)MacBook Proで採用される

・これらMacBookの生産は2018第3四半期(7-9月)に開始される

ここ最近、2018年登場の新型MacBookなりMacBook Airが騒がれています。今回のIHSのレポートは、それら説を強化するものであり、期待してよいのかもしれません。

・関連

DIGITIMES「3月から新型MacBook、アップルウォッチ、iPadが発売されていく」 ・新型iPad Proの予想デザイン ...
DigiTimes「18年後半に、MacBook Airに置き換わる、新型エントリー13インチMacBookが発売される」 ...
新型低価格MacBook Airが今年4~6月ごろに登場と、有名アナリスト アップルの新製品予測で定評ある台湾KGI証券の...

参考:Forbes

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク