Galaxy S10では3D顔面認証機能が搭載、サムスンは2014年に特許出願

スポンサーリンク

Galaxy S10では3D顔面認証機能が搭載、サムスンは2014年に特許出願

サムスンの次期スマートフォン「Galaxy S10」では、新たに3D顔面認証センサーが搭載されることは既報の通り。すでにサムスンはiPhone X発売よりはるか前の2014年において、3D顔面認証に関する特許を米国特許庁文書に出願しています。

・3D顔面認証はイスラエル企業の技術

くわえて最近のレポートでは、Galaxy S10ではこれまでの虹彩スキャナーを廃止、代わりに「MV4D」などの業務用3Dカメラを展開するイスラエルのメーカー、Mantis Visionの技術を採用して3D顔面認証機能を搭載。

この技術はNIR(近赤外)光、従来のイメージセンサ、およびTOF(Time of Flight)技術からなるものだとのこと。

指紋認証についても変更が加えられ、通常モデルのGalaxy S10では側面部に場所が変更、プレミアムモデルのGalaxy S10+では画面指紋認証が搭載されるとしています。

Via

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク