新型MacBook Airの製造はクオンタが担当し、18年内発売との話

スポンサーリンク

新型MacBook Airの製造はクオンタが担当し、18年内発売との話

台湾の経済マスコミDigiTimesによれば、台湾のOEMメーカー「クオンタ・コンピュータ」が間もなく、アップルの新型「MacBook Air」の製造を担当することになるとのこと。

(※モデルの名称は仮のもの)

その予想を裏付けるかのように、クオンタ社が先日発表した2018年度決算見込みにおいて、同社はノートブック型コンピュータの生産量が大幅に増加、大台の1000万台を超えるとしています。

アップルが2018年に発売するとされる廉価型ノートブックコンピュータをめぐる噂は、ここ最近になって加速しており、その名称は「新型 MacBook Air」とも「新型 MacBook」とも、またはそのどちらでもない「新たなブランド名」になるともされています。

なお、アナリストのミンチー・クオ氏は「新たなブランド名」を推すものに。

発表時期は、毎年MacBook系のアナウンスが多い「10月近辺」とされています。

参考:appleinsider ”Quanta rumored to be building new ‘inexpensive’ MacBooks in Dec. quarter”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク