サムスン、「画面下フロントカメラ」に取組中。フォーラムで「今後取り組むスマホ関連技術」を明らかに

スポンサーリンク

サムスン、「画面下フロントカメラ」に取組中。フォーラムで「今後取り組むスマホ関連技術」を明らかに

・Galaxy Note 9

スマホ界の巨人、おなじみサムスン電子は中国マリオットホテルにおいて「Samsung OLEDフォーラム 2018」を開催しました。

このフォーラムにおいては、「今後のサムスン製スマートフォンにおける技術的取り組み」が明らかにされています。具体的には次の通り。

  1. FoD:ディスプレイ指紋認証
  2. UPS:アンダースクリーンセンサー技術。ディスプレイ下のカメラの埋め込み
  3. HoD:タッチセンシティブ技術
  4. SoD:画面サウンド技術。画面から音が出る

すなわちどの技術においても、達成することでより一層のベゼルレス化、ノッチ部分縮小化がなされる様子。2019年発売の「Galaxy S10(噂では3モデル登場するらしい)」での導入にも期待したいところ。

参考:TWITTER

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク