ソニー、Xperia 1を発表。世界初4KHDR有機EL、トリプルカメラ、21:9縦横比

ソニー、Xperia 1を発表。世界初4KHDR有機EL、トリプルカメラ、21:9縦横比

ソニーモバイルは新型スマートフォン「Xperia 1」を発表しました。

本デバイスの特徴は、なんといっても「4KHDR有機ELディプレイ」。

6.5インチディスプレイには「有機EL・HDRディスプレイ」を備え、解像度は「4K(3,840 x 1,644)」。画像エンジンは「BRAVIA X1 モバイル画像処理エンジン」と、オーディオビジュアルの雄、ソニーの映像美が光ります。

ほかメインカメラは、1200万画素(標準)+1200万画素(超広角)+1200万画素(望遠)トリプルカメラ。

画面アスペクト比は映画スクリーンと同じ21:9を誇る 「Cinema display」と、これまでにない高性能ぶりが光る一台となっています。

・プロモーションビデオ

【特徴】

・6.5インチ、4KHDR有機ELディスプレイ

世界初、「4KHDR有機ELディスプレイ」を搭載。

4K解像度3,840 x 1,644ピクセルを備えるほか、10bitカラー相当のHDR(BT.2020)をサポート。SDRの映像をHDRにアップコンバートする機能も備えます。

またソニービジュアルとの協業により、高級モデル「BRAVIA X1」同等のビジュアルエンジンを搭載。美しい画面品質を誇ります。

・21:9シネマワイドディスプレイ

アスペクト比は映画スクリーンと同等、21:9のウルトラワイドなものに。

ソニーはこれを”CinemaWide(シネマワイド)”と呼んでいます。

・1200万画素トリプルカメラ

メインカメラは1200万画素(標準)+1200万画素(超広角)+1200万画素(望遠)のトリプルカメラ。

焦点距離とF値はそれぞれ、26mm(F1.6)と52mm(F2.4)、16mm(F2.4)。センサーサイズは1/2.6型+1/3.4型+1/3.4型。

・フラットデザイン&IP65/68

本体デザインは、再びフラットに。IP65/68防水防塵搭載。カラーはブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色展開。

・前面カメラは800万画素

前面カメラは800万画素、1/4型、f/2.0

・チップセットは Snapdragon 855、メモリ6GB、容量最大128GB

チップセットはクアルコム社のSnapdragon 855を採用。6GBのRAM + 64 / 128GBのストレージ。最大512GBのmicroSDカードをサポート。

・バッテリーは3330mAh

バッテリー容量は3,330mAh。

Smart StaminaやSTAMINAモードなどといったバッテリー機能により、一日中バッテリーが持つように設計。Qiなどワイヤレス充電にも引き続き対応。

・OSは最新Android 9 Pie

最新OS、Android 9 Pieを搭載。

・8.2mmの薄型化と軽量化

本体重さは180g、サイズは167×72×8.29mm。

6.5インチの大型ディスプレイながら、72mm幅の持ちやすさ。厚さは7.2mmと、XZ3より本体軽量化と薄型化が実現されています。

・ゲームエンハンサーモード

新しく搭載されたモード。

パフォーマンスとバッテリー寿命のバランスを調整したり、ゲームプレイビデオ(および8MPセルフォーカメラも同時録画可能)を記録したり、ゲームのウォークスルーを自動的に見つけることなどが可能となっています。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク