19年新型iPad、新たな認証許可がインドで下りる

スポンサーリンク

19年新型iPad、新たな認証許可がインドで下りる

・iPad mini 5

インドの認証許可局「BIS」において、アップルの新型iPadに関し、さらなる認証許可が下りていることが明らかになりました。

これまでも認証が明らかになり、近々の発表&発売が期待される同モデル。今回認証されたモデルナンバーは、”A2124””A2123”です。

今年前半に発売されるとされる新型iPadは「iPad mini 5」「10.2インチ iPad(2019)」の2機種。

両モデルのリークスペックは以下の通り。

・iPad mini 5

・発表&発売:

19年前半

・本体価格:

現行9.7インチ「iPad(2018)」より安く、399ドルほど。廉価モデルのデバイス市場を狙ったデバイスに。

・容量:

128 GBから

・プロセッサ:

2016年に登場しiPhone 7などに採用された「A10 Fusion」か、2017年に登場しiPad Pro(第2世代)などで採用された「A10X Fusion

・本体デザイン・サイズ:

iPad mini 4とほぼ同じ外観・デザイン

・各機能:

同じデザインに加え、各機能もあまり変わりがない。Lightningコネクタ、Touch ID、3.5mmヘッドフォンジャックなど、変わらず搭載される

・ディスプレイ:

低コストパネル(中国BOE製)

・マイク:

リアマイクは中央に移動し、第6世代の9.7インチiPadと同じ仕様に

・Apple Pencil(アップルペンシル):

使用できるようになるのか不明

・iPad(2019)

・発表&発売:

19年前半~後半

・価格:

329.99ドル

・ディスプレイサイズ:

現在の9.7インチから、「10.2インチ」に大型化。

ディスプレイは中国BOE製(2018年モデルと同じ。17年モデルまでは韓国LGディスプレイ製だった)

・チップセット:

アップルA11(18年モデルはA10)

・アップルペンシル:

第2世代のApple Pencil に対応

via

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク