修正アップデート後、カメラ起動や本体起動時間は早くなったのか調べてみる

スポンサーリンク

アップデート後の起動時間はどうなったのか

Xperia Z5/Z5 Compactが一足先に発売された海外では、すでに10月下旬に両機種へのファームウェア「32.0.A.6.152」へのアップデートが行われました。

今回の修正アップデートでは主に、

「ホーム」の最適化/カメラアプリの起動高速化/発熱現象の最適化/データベースの最適化/写真の保存高速化/指紋認証の認証力強化/メモリの最適化

などが行われ、海外ユーザーの声を見るに、とりわけ多くのユーザーから不満が多く出ていた「アプリ履歴からのカメラの起動時間」が改善されているようです。

そこで今回は「カメラアプリの起動」を中心に調べてみました。

・カメラアプリの起動

⇒通常起動は確かに早くなっている。アプリ履歴からの起動は変化なしも4,5秒かかるようなことは無い?

アプリ履歴からの起動 通常起動
アップデート前 約2秒 約2秒
アップデート後 約2秒 約1秒

Z5、Z5 Compactで修正アップデート前でよく言われていたのが、「アプリ履歴からのカメラの起動」の遅さであり、下手すると、4、5秒かかっていたとのこと。

アップデート後、海外公式フォーラムのユーザーからは「起動が早くなった」という声が多く聞こえており、なるほど確かに通常起動では起動時間が短縮されています

ただ起動が早くなったといっても、比較したGalaxy S6やNexus 5X、LG V10のどのスマートフォンよりも カメラアプリの起動が遅いというのは残念ですね。

・アプリ履歴からのカメラ起動

アップデート前(動画公開日:10/5)

アップデート後(動画公開日:11/9)

xperia_z5_update_firmware_152

アップデート適用済だということがわかる1枚

・通常のカメラ起動

アップデート前(動画公開日:10/26)

https://youtu.be/LKCQS444zcc=2m20s

アップデート後(動画公開日:11/9)

・スマートフォンの本体起動時間

⇒変化なし。

こちらは約47秒のまま、変わらないものとなっています。なお、前回調べた歴代XperiaとiPhoneの起動時間は次の通り。

iPhone 6s 15秒
iPhone 6 21秒
Galaxy S6 Edge 26秒
Z3 35秒
Xperia Z5 Compact 36秒
Z2 40秒
Z4 44秒
Xperia Z5 平均47秒

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク