iOS9.2でバッテリー持ちが悪くなったとの報告が多数相次ぐ。ハード面/ソフト面3つの対処法

ios-9-logo1

iOS 9.2の評判と不具合と対処法のページ

iOS 9.2の評判、不具合全9種類まとめ。Safari軽くなった、バッテリー持ち、Wi-Fiつながらない、iTunesのライブリ勝手にDLなど

そのほかまとめ

2016年発売、iPhone 7/iPhone6c/iPad Air 3/Macbook Air’16のリーク情報21個

スポンサーリンク

iOS9.2でのバッテリー持ち不具合

先日提供が開始されたiOS9.2ですが、アップデート後「バッテリーの持ちが悪くなった」との報告が海外アップル公式掲示板で相次いでいます。

Apple Support Communities “IOS 9.2 Rapid Battery Drain Issue”

ios_trouble

例えばこのスレッドを立てたユーザー名「ポール・シキューラス」さんによれば、「iOS9.2に変更後、30秒で1%バッテリーが減少するようになり、バッテリー99%の状態から10分間で62%まで減少した」とのこと。

同様のトラブルは多数報告されており、加えて機種も新しくはiPhone6s、iPhone 6やiPad Air 2、古くはiPhone 4sまで様々な機種で起こっているようです。

iOS9.2でのバッテリー持ち不具合に対する対処法3種類の紹介

この「バッテリー持ちが悪くなった」問題ですが、どうやらiOSのアップデート後にしばし起こる不具合の様子。スレッドではこのトラブルの対処法として、次の3種類の対処法が紹介されていました。

注:必ずしも100%のバッテリー改善を保証するものではありません

ソフトウェアでの不具合

①:充電量表示ソフトのバグ

⇒対処法:キャリブレーション(バッテリー表示を正しくさせる)

バッテリー充電量を表示するソフトウェアがおかしくなっているため、実際より使用できないケース。この場合の対処法は簡単で、バッテリー表示を正しくさせるための「キャリブレーション」という作業を行います。やり方は次の通り。

1.バッテリーを0%まで使い切る

2.完全に放電してしまう(半日ほど放置)

3.バッテリーを100%までフル充電

これによりバッテリー残量の誤認識が解消、残量表示が正常に戻り、バッテリーが通常通りに使用できるようになるとのこと。実際に試した人からも「改善された」との報告が寄せられていました。

②:原因不明のソフトウェアバグ

⇒対処法:本体初期化。データが消えるのでバックアップを

トピックを立てた「ポール・シキューラス」さんはこの方法でバッテリーが元通りに戻ったそうです。

・本体初期化の方法

ホーム画面で「設定」⇒「一般」⇒「リセット」⇒「すべてのコンテンツと設定を消去」⇒「iPhone を消去」

なお、この操作ではiPhoneの全てのデータが削除されるため、あらかじめバックアップを取っておく必要があります。

・バックアップのとり方

[iTunesから]

①:iPhone/iPad とパソコンをUSBケーブルで接続

②:iTunes画面左上の iPhone/iPad のアイコンを選択

③:「今すぐバックアップ」を選ぶ

④:iTunesの画面上部がAppleマークに変われば、バックアップの終了

[iCloudから]

①:iPhone/iPadのホーム画面で「設定」⇒「iCloud」⇒「Apple ID」と「パスワード」を入力

②:「サインイン」⇒「同意する」⇒「バックアップ」⇒「今すぐバックアップを作成」

ハードウェアの不具合

③:バッテリーの故障

⇒対処法:バッテリーの交換しかない

4時間以上充電しても充電が完了しない、または元々の4分の1ほどの使用時間しか使えなくなってしまった場合ではバッテリーの故障が考えられるとのこと。

残念ながら、このような場合はバッテリーの交換しかないようです。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク