Xperia Z6向け?ソニーが最新カメラセンサー「IMX318」を発表。小型サイズで世界最速0.03秒オートフォーカス

スポンサーリンク

ソニー、最新カメラセンサー「IMX318」を発表。世界最速0.03秒オートフォーカス

ソニーはスマートフォン向け最新カメラセンサー「IMX318」のリリースをアナウンスしました。1/2.6型、有効画素数2250万画素の積層型CMOSイメージセンサーであり、製造は16年5月からとのこと。

IMX318

特徴

・Xperia Z5のカメラセンサー「IMX300」と同等並の性能ながら、さらに小型に

説明文をのぞくと、「0.03秒オートフォーカス」「3軸電子手ブレ補正機能」などXperia Z5シリーズでも用いられたカメラセンサー「IMX300」と同じ文面が見られるが、IMX 318はIMX300よりさらに小型化。

「1/2.3型(7.87 mm)」だったIMX300に対し、IMX318では 「1/2.6型(6.858mm)」に。

・世界最速0.03秒オートフォーカス

像面位相差AFとコントラストAFとの組み合わせによるハイブリッドAFを、初めて積層型CMOSイメージセンサー内部の信号処理回路に内蔵。静止画撮影で最速0.03秒、動画撮影では最速0.017秒のオートフォーカス速度を誇る

・動画向け3軸電子手ブレ補正機能

カメラ開発で培われた手ブレ補正技術を、積層型CMOSイメージセンサー内部の信号処理回路に内蔵。3軸ジャイロセンサーの信号を効果的に活用し、手ブレの少ない4K動画の撮影が可能に。

手振れ補正機能のオン(右)オフ(左)

Xperia Z6搭載のカメラセンサーは、より優れたものが・・・?

説明文を眺めるとその性能の高さに驚きますが、それでもXperia Z6ではさらに性能の優れたカメラセンサーが搭載されることが予想されます

ソニーは自社のハイエンド(高性能)スマートフォンで採用するカメラセンサーについて、企業秘密のためかスマホ発表前にアナウンスは行いません。

また今回のIMX318は十分に性能は高いものの、それでも仕様上では2500万画素を誇るIMX300より微妙に画素数が足りていないことからも見て、おそらく今回のIMX318は、海外で展開するハイエンドミッドレンジ(中―高性能)Xperiaへのもの、具体的には今後発売が予想されるXperia M6などで採用されるものだと予想されます。

とはいえ、ミッドレンジ端末向けへのカメラセンサーでも十分高性能なわけで、これは俄然、Xperia Z6のカメラセンサーの高性能ぶりが期待できます

仕様

型名 IMX318
有効画素数 5488(H)×4112(V) 2250万画素
イメージサイズ Diagonal 6.858mm(Type 1/2.6)
ユニットセルサイズ 1.00μm(H)×1.00μm(V)
フレームレート Full 30fps
Movie
4K(3840×2160):30fps
1080p:120fps
720p:240fps
感度(標準値F5.6) 61mV
センサー飽和信号量(最小値) 330mV
電源電圧 アナログ 2.8V
デジタル 1.05V
インターフェース 1.8V
主な機能 ハイブリッドAF、動画向け3軸電子手ブレ補正、HDRイメージング、レンズ解像度補正、白点補正、NR
出力 MIPI C-PHY1.0(3 trio) / D-PHY1.2(4lane)
画像フォーマット Bayer RAW

リンク:ソニー「小型サイズ(1/2.6型)で2250万画素を実現
業界初※1、ハイブリッドオートフォーカスと3軸電子手ブレ補正機能を内蔵した
積層型CMOSイメージセンサーExmor RS™を商品化」

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク