海外レビュー「Xperia 1Ⅱでは、Xperia 1からバッテリー持ちが大幅に改善されている」

スポンサーリンク

海外レビュー「Xperia 1Ⅱでは、Xperia 1からバッテリー持ちが大幅に改善されている」

ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 1Ⅱ」。海外ITサイトZDnetからのレビューがポストされています。

改善されたバッテリー持ち

注目すべき記述としては、バッテリー持ちの良さ。同サイト曰く「Xperia 1から大幅に改善されている」とのこと。

例えばバッテリーをフル充電してYouTubeビデオを3時間見たところ、残りバッテリーは80%。また通常通りの1日の使用で、残りバッテリーは30%。これら実使用での体感上においてXperia 1からのバッテリー持ちの向上が感じられたとしています。

実際、ベンチマークソフトでも良好な記録を残しており「PC Mark Work 2.0」のバッテリーランダウンテストでは10時間52分を記録。一方、Xperia 1では同8時間の記録でした(時間が長いほど高記録)。

そのほか全体的な評価としては、(ほかのレビュー同様)すぐれた性能を持つOLEDスクリーンと一眼レフのような本格的な撮影を可能とするメインカメラ、そしてスピーカー音質の良さといった点に高評価が寄せられていました。

SOURCE:zdnet.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク