Xperia 1ⅡはフォーカスポイントがXperia 1の約4倍。iToFセンサーをオートフォーカス機能に特化させ、AF性能が大幅に向上

スポンサーリンク

Xperia 1ⅡはフォーカスポイントがXperia 1の約4倍。iToFセンサーをオートフォーカス機能に特化させ、AF性能が大幅に向上

Xperia 1Ⅱでの、オートフォーカス性能の向上ぶりが伝えられています。

加えて、新たに搭載された「iToFセンサー」がどのようなメリットにつながっているのかも、なかなか興味深いところ。

フォーカスポイントはXperia 1の約4倍、247点

Xperia 1 IIでは像面位相差オートフォーカスのフォーカスポイント(測距点)が、昨年のモデルXperia 1の約4倍となる、247点に。これはカバー率にして約70%。

カバーする領域がかなり広くなったのはもちろんのこと、さらにはソニーが誇るデジタル一眼カメラ「α」で培ったアルゴリズムが加わります。

iToFセンサーをオートフォーカス機能に集中

また興味深いのが、新たに搭載された「iToFセンサー」を他メーカーのようにAR機能に使うのではなく、オートフォーカス機能に集中して用いている点。

Xperia XZ時代に用いられていたレーザーAFセンサーに比べての性能差は明らかで、これまで中央1点のみの測距だったものが、iToFセンサー擁するXperia 1 IIでは43,200点もの細かい測位が可能に。

先ほどのイメージセンサーにおける像面位相差AFと合わせ、オートフォーカス性能の大幅な向上に繋がっています。

source:dpreview.com

動画出典元:YouTube「マイナビ ニュース・デジタル

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク