マイクロソフト、廉価モデル「Surface Go」を発表。価格399ドルから

スポンサーリンク

マイクロソフト、廉価モデル「Surface Go」を発表。価格399ドルから

マイクロソフトは、Surfaceシリーズ最安モデルとなる2 in 1 PC「Surface Go」を発表しました。価格399ドル(約4万4000円)から。

・紹介プロモーションビデオ

キーボード兼カバーを取り外すことができる2 in 1 PC。10インチ「PixelSense Display」、顔認証機能「Windows Hello」、指一本でスムーズに画面を倒せる「Surface Hinge」、「Surfaceペン」対応などまど、これまでのSurfaceシリーズとコンセプトを共有します。

すでにアメリカなど海外ではWi-Fiモデルの予約が開始、8月2日より出荷開始。日本でも数週間以内に受注を開始するものとしています。

・スペック&価格

価格:399ドル(メモリ4GB、ストレージ64GBモデル)

549ドル(メモリ8GB、ストレージ128GBモデル)

OS:Windows 10 Home/Pro

CPU:Pentium Gold 4415Y

メモリ:4/8GB

ディスプレイ:10.0インチ、1,800×1,200(3:2アスペクト比)

ストレージ:64GB eMMC/128GB SSD/256GB SSD

本体サイズ:245×175×8.3mm (幅×奥行き×高さ)

重量:約521g

Wi-Fi:IEEE 802.11ac

通信:Bluetooth 4.1

LTE:あり (オプション)

カメラ:500万画素前面カメラ、800万画素背面カメラ

ポート:USB Type-C、Surface Connect、SDカードリーダー、音声出力

【オプション】

Type Cover:99ドル、Surface Pen:100ドル、Surface Mobile Mouse:35ドル

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク