【10・12・13インチ台編】Android&iOS&Windowsタブレット比較2017春:ベンチマーク&ユーザーの評判&仕様紹介【仕事用に最適】

スポンサーリンク

ベンチマークスコア、仕様、海外レビューサイトの平均スコア、評判、各機種の○×ポイントを紹介

 

仕事・ビジネス用途としての使用に適切な、10~13インチ台のAndroid・iOS・Windowsタブレットの紹介ページです。

※掲載価格は2017年4月19日現在

1.製品比較表

※このコーナーは現在、リニューアル中です

1:Antutu 総合性能を測定するベンチマークソフト

2:3Dグラフィック 「3DMark Ice Storm Unlimited」の性能スコア

2.製品スペック・評判・ここが○×・各種ベンチマークスコア

【10インチ台】

・アップル:iPad Air 2

※iPad シリーズは正確には9.インチですが、便宜的にこのページに含めています。

2014年11月発売

実売価格:¥43,800~

ipadair2c

海外レビュー平均スコア:91

・性能スコア

総合スコア(Antutu) 63,000
CPU性能(Geekbench3) 1810 /4530
3Dグラフィック(GFX) 4377
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted) 21680
ディスプレイ最大輝度 410(良)
ディスプレイコントラスト比 1050(良)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 4.23(並)

・スペック

OS iOS 8.0
CPU Apple A8X
RAM 2GB
ディスプレイサイズ 9.7インチ  264ppi
解像度 2048×1536
ストレージ容量 16/64/128GB
カメラ フロントカメラ800万画素、リアカメラ120万画素
サイズ 169.5×6.1×240 mm
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
重量 437g
バッテリー Wi-Fi 通信:10時間
ビデオ再生:10時間
オーディオ再生:10時間
その他 オーディオ: ステレオスピーカー、指紋センサー Touch ID
実売価格 ¥43,800~

(現在はアップルからの販売は停止)

LTEモデル あり

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
CPUの性能の良さ 高い
反射防止液晶 iPad Airとあまり変わらない
美しいデザインのアルミニウムボディ バッテリー持続時間はもう少し長くできたのでは
Touch IDを搭載するようになった SDカードが使えない
最新iOSでマルチタスクも使えるように スマートコネクターがない

ポイント:やはりというかiPadはどのレビューでも評価が高いただ問題がないわけではなく、①価格が高い②SDカードが使えない、といったマイナスポイントがある。

アップル:iPad(2017)

海外レビュー平均スコア:88

2017年3月発売

実売価格:37,800円~

・性能スコア

総合スコア(Antutu ver.6) 125,000点ほど
CPU性能(Geekbench3)
3Dグラフィック(GFX)
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted)

・スペック

チップセット・ベンチマーク性能系
CPU A9
Antutuベンチマークスコア 135,000(iPhone 6sのもの。目安)
ディスプレイ系
画面 9.7インチIPS、Retina
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ ×
反射防止コーティング ×
広色域 ×
TrueTone ×
画面解像度 2048×1536、264ppi
ApplePencil ×非対応
Smart

Connector

×非対応
メモリ容量系
記憶容量 32GB128GB
メモリ 不明
通信系
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth BT4.2
LTE B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19

/20/25/26/28

/29/38/39/40

/41

LTEバンド数 21バンド
メインカメラ
画素数 800万画素
F値 2.4
ビデオ撮影 1080pビデオ撮影
前面カメラ
画素数 120万画素
F値 2.2
ビデオ撮影 720pHD
その他・バッテリー・重さサイズなど
 スピーカー数 2個
ポート Lightning
バッテリー 32.4Wh
 バッテリー持ち インターネット利用:10時間オーディオ再生:10時間ビデオ再生:10時間
サイズ 240×169.5×7.5mm
Apple

Pay

対応
重さ 469g/478g
カラー シルバーゴールドスペースグレイ
Wi-Fiモデル価格(税抜)
32GB 37,800円
128GB 48,800円
Wi-Fi+Cellularモデル価格(同)
32GB 52,800円
128GB 63,800円

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
CPUの性能の良さ スマートコネクターがない
バッテリーの持ちの良さ iPad Air 2より劣る各種ディスプレイ性能
iPad Air 2より重く、厚い

ポイント

アップル:iPad Pro 9.7インチ

2017年3月発売

実売価格:62,800円~

・性能スコア

総合スコア(Antutu ver.6) 170,000点ほど
CPU性能(Geekbench3)
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted)

・スペック

iPad Pro 9.7
CPU A9X
Antutuベンチマークスコア 173,260
画面 9.7インチ同・耐指紋性フルラミネーションディスプレイ (画面が白くならない・直接タッチ感あり)

反射防止コーティング

広色域
TrueTone
画面解像度 2048×1536、264ppi
記憶容量 32GB128GB256GB
メモリ 2GB
WiFi 802.11a/b/g/n/acデュアルバンド(2.4GHz/5GHz)

MIMO対応HT80

Bluetooth 4.2テクノロジー

LTE  B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18

/19/20/25

/26/27/28

/29/30/38

/39/40

/41

メインカメラ
画素数 1200万画素Live PhotosTrue Tone

フラッシュ

F値 2.2
ビデオ撮影 4K撮影映画レベルの手ブレ補正
ビデオズーム 3倍
前面カメラ
画素数 500万画素Retina Flash
F値 2.2
ビデオ撮影 720p
 スピーカー数 4個
ポート Lightning
バッテリー 27.5Wh
 バッテリー持ち ネット利用:10時間オーディオ再生:10時間ビデオ再生:10時間
240mm
169.5mm
厚さ 6.1mm
Apple

Pay

対応
重さ 437g/444g
カラー シルバーゴールドスペースグレイ

ローズゴールド

Apple

Pencil

〇対応
Smart

Keyboard

〇対応
Wi-Fiモデル価格(税抜き円)
32GB 62,800円
128GB 72,800円
256GB 82,800円
Wi-Fi+Cellularモデル価格(同)
32GB 76,800円
128GB 86,800円
256GB 96,800円

・ASUS:ZenPad 10 Z300C/Z300CL SIMフリー

ZenPad10

海外レビュー平均スコア:65

2015年9月発売

・性能スコア

総合スコア(Antutu) 21000
CPU性能(Geekbench3) ー/1020
3Dグラフィック(GFX)
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted) 5500
ディスプレイ最大輝度 410(良)
ディスプレイコントラスト比 1050(良)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 4.23(並)

・スペック

OS Android 5.0.2
CPU Atom x3-C3200
RAM 2GB
ディスプレイサイズ 10.1 インチ
解像度 1280×800
ストレージ容量 16GB
カメラ 200 万画素/30 万画素
サイズ 251.6×8.9×172 mm
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
重量 510 g
バッテリー 4890mAh駆動時間:8時間
その他
実売価格 ¥24,526(Z300)

¥30,496(Z300CL SIMフリー)

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
ディスプレイ性能は良い 動きがカクカクし、もたつく
YouTubeを見るには快適 処理速度が遅い
グラフィック性能はあるが、CPU性能は低い バッテリーが持たない
3Dゲームをする性能はない

ポイント:高品質で知られるASUSのタブレット端末の一つだが、本機種は他ASUSタブレットと異なり評判が悪い。コストダウンのため性能をそぎ落としたのが悪評判を呼んでいる様子。

・Google:Nexus 9

2014年11月発売

nexusae0_wm_V-Overall2

海外レビュー平均スコア:82

・性能スコア

総合スコア(Antutu) 55,000
総合スコア(Passmark) 8160
CPU性能(Geekbench3) シングル:1800/マルチ:3250
3Dグラフィック(GFX) 3030
3Dゲーム(Ice Storm Unlimted) 25,700
ディスプレイ最大輝度 450(良)
ディスプレイコントラスト比 1180(良)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 3.79(良)

・スペック

OS Android 5.0
CPU Tegra K1 Denver2.3GHz
RAM 2GB
ディスプレイサイズ 8.9 インチ
解像度 2048×1536
ストレージ容量 32GB
カメラ フロントカメラ800万画素、リアカメラ120万画素
サイズ 153.68×7.95×228.25 mm
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
重量 425 g
バッテリー

6700mAh スタンバイ:30日間
Wi-Fi 通信:9.5時間
ビデオ再生:9.5時間
その他 オーディオ: ステレオスピーカー
実売価格 40,000円前後
SIMフリーLTEモデル ✖なし

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
前面に設置されたスピーカーがもたらすリッチなオーディオ体験 筐体がデカく、長い時間掴んでいることが出来ない
Android6.0アップデート可能 作りが少し安っぽい
美しいディスプレイ MicroSDカードスロットがない
CPUの速さ

ポイント:性能はとにかく優れている。値段の高さとSDカードスロットがないのがマイナスポイント。iPadと同じ4:3の画面は人によって評価が分かれる。

 

・HP: x2 210 G2 背面カメラ付き 128GB Windows 10 Pro搭載モデル

スペック

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU Atom x5-Z8350
1.44GHz
メモリ 4GB
本体容量 64GB(microSDカード対応)
ディスプレイ 10.1 インチ(1280×800)
画面解像度 1280×800
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
オフィス
本体重量 582g
バッテリー駆動時間 11時間
実売価格 ¥53,784(HP直販)
SIMフリーLTEモデル ×なし
ポイント キーボード付きでこの価格。コストパフォーマンス抜群な1台。

ベンチマーク

総合性能
Passmark 1340
PCMark 8 Home (家庭用
PCMark 8 Office (仕事用
3D性能 (4万点が目安)
3D Mark Ice Storm

ここが○・ここが×

ここが○ ここが×
・コストパフォーマンスが良い ・作りに高級感は無い
・バッテリーが持つ

・ソニー:Xperia Z2 Tablet

2014年4月発売

実売価格:45,000円~

sonyXPERIAz2tab

・性能スコア

総合スコア(Antutu) 34,000
CPU性能(Geekbench3) シングル:910/マルチ:2230
3Dグラフィック(GFX) 1487
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted) 18,000
ディスプレイ最大輝度 417(良)
ディスプレイコントラスト比 1200(良)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 6.05(並)

・スペック

OS Android 4.4(5.0アップデート対応済)
CPU Snapdragon 801 2.3GHz
RAM 3GB
ディスプレイサイズ 10.1インチ
解像度 1920×1200、224ppi
ストレージ容量 32GB
カメラ 220万画素 (イン)/810万画素 (アウト)
サイズ 266×6.7×172 mm
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
重量 426g
バッテリー 6000mAh Wi-Fi 通信:11時間
ビデオ再生:13時間
オーディオ再生:200時間
その他 防水、防塵
実売価格 45,000円程度(Wi-Fi)
SIMフリーLTEモデル 〇あり

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
バッテリーの持ちが良い Wi-Fiが途切れることがある
ディスプレイの美しさ デカい
軽い 純正ケースが重い
デザインが美しい
プレインストールソフトが少ない

・ポイント:

・ソニー:Xperia Z4 Tablet Wi-Fi SGP712JP

2015年6月発売

実売価格:6万5000円

J0000016672

・性能スコア

総合スコア(Antutu) 55,000
CPU性能(Geekbench3) シングル:1298/マルチ:3950
3Dグラフィック(GFX) 3108
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted) 24500
ディスプレイ最大輝度 480(優)
ディスプレイコントラスト比 1020(良)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 8.69(並)

・スペック

OS Android 5.0
CPU Snapdragon 810
RAM 3GB
ディスプレイサイズ 10.1 インチTFT液晶
解像度 2560×1600
ストレージ容量 32GB
カメラ 510万画素 (イン)/810万画素 (アウト)
サイズ 254×6.1×167 mm
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
重量 389 g
バッテリー 6000mAh、Wi-Fi通信:15時間、ビデオ再生:17時間
その他 microSD/SDHC/SDXC対応。防水、防塵
実売価格 6.5万円前後
SIMフリーLTEモデル 〇あり

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
高解像度、高輝度。タブレットトップクラスの非常に美しいディスプレイ 高い
さらに美しくなった本体デザイン バッテリーの持ちが悪い
水滴がついてもそのまま使える防水性、ほこりが入っても使える防塵性 スイッチ周りが使いにくい
サイズの割に軽い
Snapdragon810採用だが、Xperia Z4ほどはオーバーヒート問題がない
ビジネス用途としても、ワード、エクセルなどがそれなりに使いやすい

・ポイント:

おおむねレビュー評価は高い。美しいディスプレイや本体デザインなどが好評価。バッテリーの持ちは評者によって評価が分かれる。

一方で本体価格の高さ、ユーザーインターフェイスの使いづらさがマイナスポイント。

【12インチ台】

・Apple:iPad Pro Wi-Fi/Wi-Fi+Celluar

2015年11月発売

実売価格:8万2800円

ipadpro

・性能スコア

総合スコア(Antutu) 72,870
CPU性能(Geekbench3) 3200/5600
3Dグラフィック(GFX) 9207
3Dゲーム(3DMARK Ice Storm Unlimted) 41,500
ディスプレイ最大輝度 380(並)
ディスプレイコントラスト比 1570(優)
色再現度(Colorchecker DeltaE2000) 2.48(良)

・スペック

OS iOS 9.0
CPU Apple A9X
RAM 4GB
ディスプレイサイズ 12.9インチ 264ppi
解像度 2732×2048
ストレージ容量 32GB/128GB/128GBSIMフリー

128GBモデルの使用可能領域は99GB

カメラ フロントカメラ800万画素、リアカメラ120万画素
サイズ 220.6×6.9×305.7 mm
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
重量 713g
バッテリー Wi-Fi 通信:10時間
ビデオ再生:10時間
オーディオ再生:10時間
その他 オーディオ: ステレオスピーカー、指紋センサー Touch ID
実売価格 8.28万円~
SIMフリーLTEモデル 〇あり

・ここが○、ここが×

ここが○ ここが×
CPUの性能の良さ。とってもサクサク 重い。携帯性がない
4スピーカー搭載 対応オフィスソフトが使いづらい
美しいデザインのアルミニウムボディ バッテリー持続時間はもう少し長くできたのでは
大画面で文字が読みやすい SDカードが使えない
Apple Pencilの書き心地がとが非常に良い USB Type Cではなく、ライトニング
 スマートコネクター接続のキーボードが便利 PCに比べると高すぎる
iPad他機種やXperia Tabletに比べディスプレイが暗い

ポイント:CPU性能、グラフィック性能はすさまじい。一方で、「ただ大きくしただけのiPad Air2」という意見も多い。

また性能の良さはPCにも匹敵するにもかかわらず、オフィスソフトの使いやすさなどで劣り、まだまだPCの代わりは難しい様子。

・マイクロソフト:Surface Pro 4 SU3-00014 Core-m3モデル

2015年10月発売

実売価格:90,000円~

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU Core m3
メモリ 4GB
本体容量 128GBSSD
ディスプレイ 12.3 インチ
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
オフィス Office Home and Business Premium
本体重量 766 g
バッテリー駆動時間 実質6時間
実売価格 \90,000から
LTE なし
ポイント surface無印版と異なり、動作が快適。ディスプレイの視野角、明るさもProのほうが優れている。ただしこのCore-m3モデルは本格的な仕様には少し厳しい性能

ベンチマーク

Passmark
winsat formal 総合 5.9/プロセッサ 7.1/メモリ 5.9/グラフィックス 5.9
ディスプレイ 明るさ410カンデラ/コントラスト1150/色再現度3.09
PCMark 8 Home Score Accelerated v2(使いやすさ) 1500

ここが○・ここが×

ここが○ ここが×
デザインが良い タブレットとつぃては重い
ファンレスなので静か 3Dゲームをするのはキツイ
薄い 動画編集などヘビーな動作には不適
ディスプレイの解像同、明るさ、発色が良く、動画視聴に最適 バッテリー初期不良の報告が多い
オフィス付き LTEモデルがない
キーボードは薄いが、使いやすい。Surfaceとの接続もカンタンにすぐできる

・マイクロソフト:Surface Pro 4 CR5-00014 Core-i5モデル

2015年10月発売

実売価格:101,000円~

surfacepro4

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU Core-i5
メモリ 4GB
本体容量 128GBSSD
ディスプレイ 12.3 インチ
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
オフィス Office Home and Business Premium
本体重量 786 g
バッテリー駆動時間 実質7時間
実売価格 \101,000から
LTE なし
ポイント Core-i5搭載により、実用的な仕様はもちろん、ゲームなどもある程度は快適にプレイできる

ベンチマーク

Passmark
winsat formal
ディスプレイ
PCMark 8 Home Score Accelerated v2(使いやすさ)

ここが○・ここが×

ここが○ ここが×
起動が早い タブレットとしては重い
ファンレスなので静か LTEモデルがない
タブレットとしても意外と使える
ディスプレイの解像度、明るさ、発色が良く、動画視聴に最適。
ヘビーなゲームや動画編集もできる
キーボードは薄いが、使いやすい。Surfaceとの接続もカンタンにすぐできる
オフィスソフト付き

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク