DxOMark、Xperia 1Ⅱのカメラテスト結果を公表。なかなか厳しい結果に

スポンサーリンク

カメラ評価機関DxOMark、Xperia 1Ⅱのカメラテスト結果を公表。なかなか厳しい結果に

カメラ評価機関「DxOMark」が、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマホ「Xperia 1Ⅱ」のカメラテスト結果を公表しています。

「Xperia 1Ⅱ」のカメラテスト結果

結果、総合スコア:112ポイント、写真スコア:114ポイント、ズーム性能スコア:63ポイント、ビデオスコア:102ポイントというスコアとなりました。

DxOMark曰く、「昨年のモデル、Xperia 1よりかなり進化している」とのこと。

ただそれでもなかなか厳しい結果となっており、この総合スコア近辺はサムスン「Galaxy S10+」、OnePlus「OnePlus 7 Pro」、Google「Pixel 4」といったモデルが並びます。

ここが×

レビュアーがマイナスポイトとして挙げているのは、中程度から暗い場所でのダイナミックレンジの狭さ、薄暗い場所で露出が不安定になること、あまり正確でないカラー表現、色被りトラブルの発生、遅いオートフォーカス、改善の余地がある夜間撮影、望遠カメラ写真撮影でのディテールの低さ、ビデオ撮影でのオートフォーカス性能の低さとダイナミックレンジの問題など。

ここが〇

一方で、暗い場所でも低ノイズ撮影ができること、屋外写真撮影での広いダイナミックレンジ、超広角カメラでのディテール表現が良いこと、ポートレートモードでの正確な深度測定、屋外ビデオ撮影での正確なホワイトバランスなどが高評価となりました。

特にビデオ撮影性能については、前モデルXperia 1から「かなり性能が良くなった」とのことで、同モデル比22ポイントのスコアアップとなっています。

SOURCE:dxomark.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク