体温センサーや血糖値測定、22年新型「AppleWatch8」では搭載されない可能性が浮上 ブルームバーグ最新レポートから

スポンサーリンク

体温センサーや血糖値測定、22年新型「AppleWatch8」では搭載されないかも… ブルームバーグ最新レポートから

2022年も、iPhone 14シリーズなどと同様に9月の発表が期待されている、アップルの新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 8」。

この新機種では、これまで「体温センサー」「血糖値測定機能」「アルコール濃度測定」など、さまざなな健康トラッキング機能が新たに追加されることが噂されてきました。

しかし、その雲行きがだんだん怪しくなってきたようです。

ブルームバーグ記者がレポート

米ブルームバーグの記者、マーク・ガーマン氏は2022年1月の最新レポートにおいて、「最近、それ(アップルウォッチ8での新機能追加)に関する話が鈍化してきている」とコメント。

過去のパターンから察するに、どうやら、これら新トラッキング機能がアップルウォッチ8では搭載されず、来年のアップルウォッチ9まで持ち越しとなる可能性が浮上してきているようです

アップル周りに関するブルームバーグのレポートは誠実

なお一応断っておきますと、ゲーム業界に関するレポート(別の記者氏が担当)と異なり、ガーマン氏ないしブルームバーグのIT業界レポートは信憑性が高いものとして知られています。

【関連記事】

・ガーマン氏の情報の正確性を調べたもの

Mark Gurman(マーク・ガーマン / Bloomberg)情報まとめ 著名リーカー/情報提供者の予測情報を...

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク