台湾メディアレポート、ミニLEDパネルが3月に製造開始

スポンサーリンク

台湾メディアレポート、ミニLEDパネルが3月に製造開始

AppleがiPadにミニLEDパネルを搭載するという噂は、かなり前、1年以上前から流れていました。そして、その話がついに実現することになりそうです。

ミニLEDパネルが製造開始

台湾の経済メディアDigiTimesによれば、サプライヤーのEnnostarが3月からミニLEDパネルの量産を開始します。これは「新型 iPad Pro  (11インチおよび12.9インチ)」 がこの3月に発表されるという、これまでの噂と一致します。

またEnnostarはiPad Pro向けのあと、MacBook用の同パネルを量産予定とのこと。

これは14インチ/16インチのMacBook Pro向けのミニLEDパネルだと思われますが、確定事項ではありません。そしてまた、同社はミニLEDに加えmicro-LEDパネルの量産にも長いあいだ関心を向けているとのことで、今後の展開が気になるところとなっています。

micro-LEDパネルは、ミニLEDパネルをさらに上回る美麗映像を可能とするなパネル。より明るく、より色鮮やかで広色域に。それでいて、電力効率にも優れています。

SourceVia

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク