アップル、M2 Max搭載16インチMacBook Proを2022年末に発売。15型MacBook Air、12型MacBookも開発中

スポンサーリンク

アップル、M2 Max搭載16インチMacBook Proを2022年末に発売。15型MacBook Air、12型MacBookも開発中

アップルの新型MacBookに関する情報が、ザクザクと寄せられています。

15インチMBAが開発中

Bloombergの新たなレポートによると、Appleはすでに15インチのMacBook Airに取り組んでおり、早ければ来年の春に発売予定。

Airシリーズでは初めての15インチサイズとなります。

12インチモデルも開発中

同誌によれば、Appleはまた、12インチのラップトップの開発にも取り組んでおり、こちらは2023年末から2024年初頭にかけて発売予定とのこと。

このモデルがMacBook Airのラインナップになるのか、それともProシリーズになるのかは不明です。

ハイエンドMacBook Proについて

そのほか、Appleは、M2 ProとM2 Maxを搭載したハイエンドMacBook Pro新モデルを2022年末までにリリース予定。ただこちらは、2023年初頭まで延期される可能性がある様子。これらはコードネームJ414とJ416と呼ばれ、14インチと16インチのサイズがリリースされます。

Apple M2 Pro・Apple M2 Maxについて

そのほか、「Apple M2 Pro」「Apple M2 Max」についても言及が。

M2 Proチップは、今年後半に量産に入ると伝えられており、台湾TSMCが製造を担当します。3nmプロセスで製造され、高効率コア×4とパフォーマンスコア×8で構成。一方、M2 Maxは、12個のメインプロセッシングコアに加え、最大38個のグラフィックコアを搭載します。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク