Xperia XZ3、リーク最新情報まとめ13個。Xperia初、有機ELHDRディスプレイ

スポンサーリンク

2018年秋冬登場「Xperia XZ3」ほか、まとめページ

このページは2018年秋冬モデル新型「Xperia XZ3」のほか、噂される「Xperia XZ3 Premium」「Xperia XZ3 Pro」の情報をまとめたページです。

【更新情報】

10/16:「②:Xperia XZ3の特徴、11ポイント(USB-Cポートの耐久性と硬度を高める「ミゾ」)」

目次

①:Xperia XZ3のスペック

モデル Xperia XZ3
基本性能
OS Android 9.0 Pie
高さ 158mm
73mm
厚さ 9.9mm
重さ 193g
画面 6.0型有機EL
解像度 2880×1440、18:9アスペクト比
画面密度 537ppi
デザイン 3Dカーブ
CPU Snapdragon 845 SDM845、オクタコア2.8GHz+1.8GHz
GPU Adreno 630
メモリ 4GB / 6GB
容量 64GB UFS 2.1
メインカメラ機能
画素数 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型)
センサーサイズ 1/2.3型
F値 F2.0
ISO 写真12800/動画4000
ビデオ撮影 4KHDR撮影
960fpsスローモーション 〇フルHD撮影対応
焦点距離 25mm
その他機能 AF連写、3Dクリエイト、スマートローンチ
手振れ 電子式5軸手振れ補正
前面カメラ性能
前面カメラ 1300万画素、1/3.06型
その他機能 各種美顔エフェクト、ボケ撮影
通信
Wi-Fi a/b/g/n/ac
ブルートゥース 5.0
バッテリー・その他
バッテリー 3330mAh
寿命2倍Qnovo
ポート USB-C、3.1
サウンド 音や映像に合わせて本体が振動
充電時間 不明
ボディカラー ブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッド
ボディ素材 AL7000番台アルミニウム、XZ2より40%の強度アップ
急速充電 QuickCharge 3.0
ワイヤレス充電 〇あり

New➾②:Xperia XZ3の特徴、11ポイント

・6.0インチ有機EL&HDRディスプレイ

「ブラビアの美しさをあなたの手に」が、本機Xperia XZ3のキャッチフレーズ。

ディスプレイにLG製P-OLED(プラスチック有機発光ダイオード;有機ELディスプレイ)を採用。Xperia初となるHDR有機ELディスプレイであるのに加え、ソニービジュアルとの協業により、BRAVIA同等の美しい画面品質を誇る。

解像度は2880×1440ピクセル、アスペクト比はXperia XZ2と同じく18:9。画面密度は537ppi。

・ユーザー調査で「最も美しいディスプレイ」に選ばれる

ユーザー202人を対象にした「最もすぐれたディスプレイ」調査で、70%のユーザーがXperia XZ3を支持。ほかiPhone Xが13%、LG V30が9%の支持を集める。

調査会社「Xperia XZ3のディスプレイは、スマホで最も美しい」 ・有機ELディスプレイを搭載するXperia XZ3 ...

・新操作「SIDE SENSE(サイドセンス )」

Xperia本体のサイド部をダブルタップすると、次にユーザーが『実行するであろうアプリ』を推測し、提示してくれる新機能「SIDE SENSE(サイドセンス )」を搭載。

・メインカメラは1920万画素、ソフト面を強化

メインカメラは1920万画素。期待された4800万画素1/2型センサー「IMX586」の搭載は無し。Xperia XZ2シリーズから引き続き、4KHDR撮影とフルHD906fpsスローモーション撮影機能を搭載。

新たに、本体を被写体に向けるだけでカメラが動作する「Smart launch(スマートローンチ)」や前面カメラでの各種美顔エフェクト・ボケ撮影(詳しくは後述)も併せ、ハード部分は変わらず、ソフト面の強化が行われている。

・被写体にXperiaを向けるとカメラが動作する「Smart launch(スマートローンチ)」

・フロントカメラは1300万画素、ボケ撮影&美顔エフェクト対応

前面カメラは1300万画素、1/3.06型。

「ボケ撮影(ポートレート撮影)」「美肌」「肌の明るさ」「目の大きさ」「輪郭」といった美顔エフェクトの適用も、カンタンに行えるようになった。

・洗練された側面湾曲デザイン「3Dカーブ」

流動的かつエレガントな3Dカーブデザインを採用。両サイドが湾曲しており、持ちやすさと造形美を両立

XperiaシリーズおなじみのIP65 / IP68 防水防塵機能も搭載。本体カラーはブラック、ホワイトシルバー、フォレストグリーン、ボルドーレッドの全4色。

・新素材でボディ強度40%アップ

本体筐体には、新たにAL7000アルミニウム(7000番台アルミニウム)を採用。前世代Xperia XZ2より40%の強度アップ

New➾・USB-Cポートの耐久性と硬度を高める「ミゾ」

Xperia XZ3では新たに、背面底面部近くに「ミゾ」が存在。これはソニーモバイル曰く「USB-Cポートの耐久性と硬度を高めるため」にあるそう。

・メモリ容量は4/6GB、バッテリーは3330mAh

メモリ容量は4GB。台湾など一部海外地域では6GBモデルも用意。

一方、バッテリー容量は3,330mAh。Smart StaminaやSTAMINAモードなどといったバッテリー機能により、一日中バッテリーが持つように設計されています。Qiなどワイヤレス充電にも対応。

・OSは最新Android 9 Pie

最新OS、Android 9 Pieを搭載。

・本体薄型化と軽量化

本体重さは193g、厚さは9.9mm。

有機ELディスプレイの採用によりディスプレイ回りの部品点数が減り、結果として6.0型の大型化を果たしつつも、本体軽量化と薄型化を実現(Xperia XZ2比)。

・ミニディスプレイ機能で、小さな手の人でも安心

6.0インチもの大きな画面となると、片手でちゃんと操作できるのか心配したくなるもの。そんな方でも安心。

面面を小さく表示して、操作しやすくする「ミニディスプレイ機能」が搭載されている。

③:XZ3とXZ2 Premiumで撮影した写真の比較

(左:Xperia XZ3 右:Xperia XZ2 Premium)

Xperia XZ3とXperia XZ2 Premiumで撮影した写真の比較 「Xperia XZ3」と「Xperia ...

④:本体デザイン

・3Dプレスレンダリング画像

・Xperia XZ3(左)と、Xperia XZ2(右)

・側面湾曲3Dデザイン

・新機能「サイドセンス」を動作させたところ

New➾⑤:Antutuベンチマークスコアは28万点

・Antutuスコアは28万4000点

ITサイトの計測によれば、Xperia XZ3のAntutuベンチマークスコアは「28万4555点」の高得点。

Xperia XZ2 PremiumやXZ2を2万点近く上回る高スコアとなっている。

・GeekBnech 4はXZ2 Premiumとほぼ同じ

一方、ベンチマークサイトGeekBench 4では、Xperia XZ2 Premiumとほぼ同じスコアとなっている。

・Xperia XZ3 の Geekbench 4スコア

シングルコア:2346

マルチコア:8681

⑥:Xperia XZ3 と Xperia XZ2 Premium のスペック、デザイン比較

・Xperia XZ3 と Xperia XZ2 Premiumのスペック比較

モデル Xperia XZ3 Xperia XZ2 Premium
価格・発売日など(XZ2Pはドコモ版)
発売日 9/24(アメリカ) 7/27
本体価格 約9万9000円(アメリカ) 112,752円
実質価格 不明 67,392円
キャリア 不明 NTTドコモ・au
基本性能
OS Android 9.0 Pie Android 8.0
高さ 158mm 158mm
73mm 80mm
厚さ 9.9mm 6.4-11.9mm
重さ 193g 236g
画面 6.0型有機EL、18:9アスペクト比 5.8型液晶、16:9アスペクト比
解像度 2880×1440 3840×2160(4K)
デザイン 3Dカーブ アンビエントフロー
CPU Snapdragon 845 SDM845、オクタコア2.8GHz+1.8GHz
GPU Adreno 630 Adreno 630
メモリ 4GB 6GB
容量 64GB 64GB UFS
SD 512GB 400GB
防水 IPX5,8 IPX5,8
防塵 IP6X IP6X
メインカメラ機能
画素数 1920万画素Exmor RS(メモリー積層型) 1920万画素+1220万画素
センサーサイズ 1/2.3型 1/2.3型+1/2.3型
F値 不明 F1.8+1.6
ISO 写真12,800/動画4,000 写真51,200/動画12,800
ビデオ撮影 4KHDR撮影 4KHDR撮影
960fpsスローモーション 〇フルHD撮影対応 〇フルHD撮影対応
焦点距離 25mm 25mm
AF連写
3Dクリエイト
スマートローンチ ×
手振れ 5軸電子式Steadyshot 
前面カメラ性能
前面カメラ 1300万画素 1300万画素
センサーサイズ 1/3.06型 1/3.06型
F値 不明 F2.0
ISO 写真6400/動画1600 写真3200/動画1600
手振れ方式 5軸電子式SteadyShot 5軸電子式SteadyShot
通信
Wi-Fi a/b/g/n/ac
通信速度 LTE (4G) Cat18 下り988Mbps /上り75Mbps(ドコモ版)
ブルートゥース 5.0 5.0
バッテリー・その他
バッテリー 3330mAh 3180mAh
寿命2倍Qnovo
ポート USB-C、3.1 USB-C、3.1
サウンド 音や映像に合わせて本体が振動 音や映像に合わせて本体が振動
ボディカラー ブラック、ボルドーレッド、ホワイトシルバー、フォレストグリーン クロムブラック、クロムシルバー
急速充電 QuickCharge 3.0 QuickCharge 3.0
ワイヤレス充電 〇あり 〇あり
連続通話時間(XZ2Pはドコモ版)
LTE 不明 1450分
3G 不明 1220分
GSM 不明 730分
連続待受時間(XZ2Pはドコモ版)
LTE 不明 450時間
3G 不明 510時間
GSM 不明 400時間
電池持ち(XZ2Pはドコモ版)
実持ち時間 不明 105時間

http://socius101.com/comparison-xperia-xz3-for-xz2-premium-post-42045/

Xperia XZ3とXperia XZ2の違い、スペック比較 ・Xperia XZ3 とXperia XZ2 のサイズ、デザ...

【未発表機種の噂情報】

⑦:Xperia XZ3 Pro(Premium) の噂スペック

こちらは、より高性能なスペックとなっていますが、本当に発売されるかは不明です

【Xperia XZ3 Pro(Premium;PY7-04685Z)のポイント】

OS:Android  9.0 P

チップセット:Snapdragon 845

メモリ:8GB

ストレージ:128GB

画面サイズ:6.0インチ、18:9アスペクト比、RGBW白色有機EL(OLED)ディスプレイ

ディスプレイ解像度:4K+(4320× 2160)

画面密度:900ppi

ーーー

メインカメラ:デュアルカメラ仕様

【カメラ①】4000万画素数、1 / 1.7型大型センサー(ファーウェイ P20 Proと同じサイズ)

【カメラ②】220万画素、物体との距離を測定するToF センサー。ピクセルサイズ2.24ミクロン

(ピクセルサイズとは、1画素における一辺の長さのこと)

ーーー

以下の撮影モードがある

・ポートレートモード(一眼レフカメラのようなボケ撮影モード)

・ナイトモード(夜間など、暗い場所における撮影に最適)

・3Dモデリングモード(Xperiaでは「3Dクリエイター機能」でおなじみ)

加えて「オート撮影モード」があり、このモードにおいては、デュアルカメラ⇔シングルカメラの撮影をXperiaがシーンに応じて自動で判断し撮影してくれる

ーーー

防水防塵:IP68

認証:生体指紋認証

「Xperia XZ3 Pro」なる4K新型スマホが2018年9月に発売? 最近は5月発売とのうわさも流れる、ソニーモバイルの新型...

⑧:Xperia XZ3 CompactはSnapdragon 710搭載?

情報提供者によれば、コンパクトモデル「Xperia XZ3 Compact」はクアルコムの新型チップセット「Snapdragon 710」を搭載するという。

Xperia XZ3は「Snapdragon 850」、Xperia XZ3 Compactは「Snapdragon 710」を搭載との話 ...

⑨:2018年に、4K有機ELなXperiaは登場しない ?

中国の情報提供者は「2018年に有機ELディスプレイを備えたXperiaは登場しない」としている。

情報提供者「2018年に4K有機EL Xperiaは発売されない」 情報提供者Zackbuks氏が伝えるところによれば、「...

⑩:4000万画素、1/1.7大型センサー?

Xperia XZ3 Pro に搭載されるカメラセンサーについては、以下の特徴・性能が噂されている。

【基本スペック】 

・世界初、「クアッドピクセルオートフォーカス」機能を搭載。詳細は不明

センサーサイズ「1 / 1.7型」の大型センサー。あの「ファーウェイ P20 Pro」のセンサーと同じサイズ

デュアルカメラのうち、片一方のセンサーは4000万画素の超高画素数

もう一方のセンサーの画素数は、220万画素。裏面照射型Time of FlightTOF)方式の距離測定センサー

【撮影モード】 

以下の撮影モードがある。

・ポートレートモード(一眼レフカメラのようなボケ撮影モード)

・ナイトモード(夜間など、暗い場所における撮影に最適)

・3Dモデリングモード(Xperiaでは「3Dクリエイター機能」でおなじみ)

・カメラアルゴリズムのコードネームは”Fusion(融合)”

・「融合」の名前通り、デュアルカメラ機能はオート、オンオフなどの設定が選択可能。オートにすると自動でデュアルカメラ撮影⇔シングルカメラ撮影が切り替わる便利な仕様

⑪:ソニーの高級コンデジ「RX100M4」の技術を搭載?

ソニーの5万円以上する高級コンパクトデジタルカメラ「RX100M4」の技術を投入するとの話も。

【ポイント】

・2018年9月発表のXperiaではカメラ機能が大幅進歩

・ソニーの高級コンデジ「DSC-RX100M4」の機能が搭載

・ただしセンサーサイズはRX100M4そのままのものではない

・高級コンパクトデジタルカメラ、「RX100M4」の機能を搭載するため、ソニーが現在奮闘中

・またソニーモバイルの近い将来における目標として、Xperiaに1型の大型センサーを搭載することが目指されている

18年9月のIFAで発表される新型Xperiaでは、ソニーの高級コンパクトデジタルカメラ「DSC-RX100M4」の技術が投入されるとの話が浮上。

RX100M4といえば、1型大型センサーを搭載することで、とかくコンパクトデジタルカメラとは思えない、ボケ味ある美しい写真を撮ることができる

・ひとつ前のモデル「RX100M5」で撮影した写真の例

⑫:「次は4K有機EL」など、ソニー幹部の気になる発言の数々

・ソニーモバイル上級副社長「18年はXperia革新の年。数か月にわたって革新が続く」

ソニーモバイルの公式ページにて、エグゼクティブバイスプレジデントであるフルミ・ヒデユキ氏が次のようにコメント。

「我々は2018年をブレイクスルーの年としています。

今後数ヶ月にわたって、Xperiaのポートフォリオ全体でさらなる革新をお披露目することを楽しみにしています

・ソニーモバイル幹部「次の段階は4K有機EL」

ソニーモバイルUXプロダクトプランニングのトップ、大沢氏による発言

私が言えることは、OLED(有機ELディスプレイ)に対し、われわれソニーは投資しているということです。

まもなく、モバイルデバイスにも4K‐OLEDパネルが搭載されるようになります。これまでは存在しませんでした。

次のステップは4K OLEDです。

New➾⑬:ソニー関係の気になる商標

今後のソニーの動向を占う上で参考になりそうな、ソニーの気になる商標出願情報を紹介。

①:FES WATCH UL・・・新型スマートウォッチ?

ソニーの電子ペーパースマートウォッチ「FES WATCH U」を思わせるネーミング。Lサイズの”L”?それとも新モデル?

②:ELTRES・・・新型スマートウォッチ?

出願情報には「腕時計型携帯情報端末」とあり、新型スマートウォッチ関連を思わせる。

③:SIDE SENSE・・・Xperia XZ3の新機能だった

HTC U12+の”edge sense”を思わせるネーミング。Xprria XZ3の新機能だった。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 宇宙 より:

    そりゃ有機ELのエクスぺリア待ちになるから、嘘でも出ないって言わないとXZ2が売れないやろ。
    万が一、XZ3proで有機ELでなかったら、エクスぺリアは終わる。

  2. Alpha より:

    RX100シリーズの最新機種はM6になりましたよ
    今使ってるX performanceの機種変XZ3シリーズの出来次第で検討しよう

    • Alpha より:

      追記というかなんというか…
      POLEDはJDIじゃなくてLGじゃなかったかなと
      こりゃXZ4待ちになりますw

  3. Alpha より:

    追記というかなんというか…
    POLEDはJDIじゃなくてLGじゃなかったかなと
    こりゃXZ4待ちになりますw