【比較まとめ】Ultra HD Blu-ray再生に対応したプレイヤー・レコーダー・PCドライブ・ゲーム機8製品比較まとめ

スポンサーリンク

【まとめ】Ultra HD Blu-ray再生に対応したプレイヤー・レコーダー・PCドライブ・ゲーム機、製品比較

DVD(アップスケールしたもの)とUHDBlu-rayの画像比較

最近続々登場するようになってきた、Ultra HD Blu-ray再生プレイヤーの紹介です。プレイヤーの種類ごとに紹介

【UHD BD再生対応HDDレコーダー】

これらの商品は、UHD Blu-rayの再生に加え、ハードディスクレコーダーとしての機能も搭載しています。専用家電らしい、きめ細やかな機能と使い勝手がその特徴。

・シャープ:AQUOSブルーレイ BD-UT1100

(シャープ・2017年3月24日発売・価格:8万3000円から)

ポイント:

  • 4K解像度、高輝度「HDR」、広色域「BT.2020」に対応
  • こちらは1TBモデル
  • 重さは3.1kg

・パナソニック:ブルーレイディーガ DMR-UBZ2020

(メーカー:パナソニック・2016年11月発売・7万7000円から)

ポイント:

  • 4K解像度、高輝度「HDR」、広色域「BT.2020」に対応
  • こちらは2TBモデル
  • 新番組や不定期放送の特番や映画などの初放送番組を知らせる「新番組/特番おしらせ」機能を搭載
  • 録画番組の音声をハイレゾ相当にアップコンバートする「ハイレゾリマスター」機能を搭載
  • 重さは3.0kg

【UHDBD再生専用プレーヤー】

再生専用プレーヤーだけあり、映像の美しさに定評のある機種が揃っています。

・ソニー:UBP-X800

(ソニー・2017年6月発売・4万0000円から)

ポイント:

  • 4K解像度、高輝度「HDR」、広色域「BT.2020」に対応
  • 映像圧縮方式にHEVC(High Efficiency Video Codec)を採用、圧縮効率を2倍に高めながらノイズの少ない映像を可能とする
  • 最新の音声フォーマット「DTS:X」に対応
  • 音質に影響する振動を極限まで抑えた仕様
  • ハイレゾ音の再生に対応
  • NETFLIX、dTV、Amazonビデオなどの4Kインターネット動画にも対応
  • 重さは3.8kg

・ パナソニック:DMP-UB30

(パナソニック・2017年6月発売・3万5000円から)

ポイント:

  • 4K解像度、高輝度「HDR」、広色域「BT.2020」に対応
  • こちらは2TBモデル
  • パナソニックハリウッド研究所で培った技術を応用し、高度な映像処理を可能とした独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載
  • ハイレゾ音源(192kHz/24bit)の再生に対応
  • NETFLIX、dTV、Amazonビデオなどの4Kインターネット動画にも対応
  • インターフェイス:HDMI×1、USB 3.0×1、USB 2.0×1、有線LAN×1
  • 重さは1.3kg

・OPPO:UDP-203

(OPPO、2016年11月22日発売。9万1000円から)

ポイント:

  • 新世代HDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」対応
  • 地デジ録画番組をネットワーク経由で再生できる「DTCP-IP」対応
  • 重量は4.3kg

【内蔵型PCドライブ】

自作PC用途として購入するケースが多い内蔵型ドライブ。紹介するBDR-S11J-BK/Xは、世界初となるPC用Ultra HD Blu-ray再生対応ドライブとなっています。

・パイオニア:BDR-S11J-BK/X

(パイオニア、2017年2月下旬発売。2万1000円から)

ポイント:

  • Ultra HD Blu-ray再生には付属ソフト「PowerDVD14」を使用
  • 両機種ともブルーレイディスク、BDXLの記録および再生が可能
  • オーディオCDの再生品質チェック機能搭載

(再生環境は以下の通り)

なお手持ちのPCが再生対応であるかが簡単にわかる「UHDBDアドバイザーツール」が、パイオニアから提供されています。

Ultra HD Blu-ray再生時
対応OS Windows 10 各日本語版
CPU Intel 第7世代デスクトップ向けCorei7/i5プロセッサー(KabyLake-S)
Intel 第7世代ノートブック向け Core i7/i5プロセッサー(KabyLake-H)
※Uプロセッサー非対応
GPU Intel HD Graphics 630 第7世代プロセッサー向け内蔵GPU
メモリー 6 GB 以上
ディスプレイ
  • 外部ディスプレイ
    4K解像度(3840×2016以上)HDMI2.0a(要HDCP2.2)対応ディスプレイ
    HDR対応(HDRコンテンツ再生時、非対応時にはHDR>SDR変換で再生)
  • 内部ディスプレイ
    4K解像度(3840×2016以上)対応内蔵ディスプレイ
    HDR対応(HDRコンテンツ再生時、非対応時にはHDR>SDR変換で再生)
マザーボード Intel SGX 対応intel 200シリーズ マザーボード
HDCP2.2/HDMI2.0a出力対応Intel 内蔵GPU出力対応マザーボード(HDMI外部出力用)

【PC用ポータブルドライブ】

・パイオニア:BDR-XD06J-UHD

パイオニア、17年3月発売。15,000円ほど~

パイオニアからは、世界初となるポータブルUltra Blu-rayディスク「BDR-XD06J-UHD」も登場

ポイント:

  • UHDBlu-rayが再生できながらも、軽量230g
  • USB3.0対応により、高速転送と電源の安定供給を実現
  • 別売ワイヤレスドック「APS-WF01J-2」と接続すれば、WindowsタブレットやPCでもワイヤレス接続でBDソフトを楽しめる

(なお再生環境は内蔵型「BDR-S11J-BK/X」と同じで、以下の通り)

持ちのPCが再生対応であるかが簡単にわかる「UHDBDアドバイザーツール」が、パイオニアから提供されています。

Ultra HD Blu-ray再生時
対応OS Windows 10 各日本語版
CPU Intel 第7世代デスクトップ向けCorei7/i5プロセッサー(KabyLake-S)
Intel 第7世代ノートブック向け Core i7/i5プロセッサー(KabyLake-H)
※Uプロセッサー非対応
GPU Intel HD Graphics 630 第7世代プロセッサー向け内蔵GPU
メモリー 6 GB 以上
ディスプレイ
  • 外部ディスプレイ
    4K解像度(3840×2016以上)HDMI2.0a(要HDCP2.2)対応ディスプレイ
    HDR対応(HDRコンテンツ再生時、非対応時にはHDR>SDR変換で再生)
  • 内部ディスプレイ
    4K解像度(3840×2016以上)対応内蔵ディスプレイ
    HDR対応(HDRコンテンツ再生時、非対応時にはHDR>SDR変換で再生)
マザーボード Intel SGX 対応intel 200シリーズ マザーボード
HDCP2.2/HDMI2.0a出力対応Intel 内蔵GPU出力対応マザーボード(HDMI外部出力用)

【ゲーム機】

マイクロソフトが発売する「Xbox One S」ではUltra HD Blu-ray・HDRビデオの再生に対応しています。

なお、PlayStation 4/PlayStation 4 ProはUltra HD Blu-rayの再生には対応していません。

・マイクロソフト:Xbox One S

(マイクロソフト、2016年発売。2万5000円ほどから)

ポイント:

  • ゲームもできて2万円台から
  • これまでのXboxとは印象を変えた、すっきりとエレガントなデザイン

【ここが〇】

  • とにかく他の機器に比べて安い

【ここが×】

  • 再生画質は専用プレイヤーほどよくはない
  • タイトルによっては再生できないものがある
Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク