LGが「V30」のディスプレイ性能を発表。ベゼル部分V20比で最大50%縮小・sRGB148%・6.0型有機EL・応答時間短縮化など

スポンサーリンク

LGが「V30」のディスプレイ性能を発表。ベゼル部分V20比で最大50%縮小・sRGB148%・6.0型有機EL・応答時間短縮化

新型高性能スマートフォン「LG V30」の8月31日の発表を前にして、LGはいち早く、同スマートフォンのディスプレイの性能を明らかにしました。

有機ELディスプレイを備えたスマートフォンとしてはLG初となるフチの狭い「ベゼルレスデザイン」採用する V30 では、同社が新たに開発した有機ELディスプレイ技術「P-OLED」を採用。

これにより、昨年のモデルV20比でベゼル部分が最大50%縮小、色域はスマホトップとなるsRGB148%、そしてHDRサポートなど、正にディスプレイメーカーとしても世界シェアトップを争うLGの本領発揮となる、高い性能を保持したディスプレイとなっているようです。

以下概要。

【LG V30のディスプレイの特徴】

  • LG初となる、ベゼルレスデザインな有機ELディスプレイ(OLED)スマートフォン
  • フチの狭いベゼルレスデザインにすることにより、大画面と持ちやすさを両立。ユーザーの要望に応えたスマートフォンのディスプレイに
  • ディスプレイの大きさは6.0インチ
  • OLEDディスプレイにより、今後のスマートフォン業界の主要な成長分野の1つであるVRアプリケーションに最適
  • 上部と下部のベゼル部分はV20比でそれぞれ20%と50%削減
  • ディスプレイ解像度はQHD +(1440 x 2880)
  • 色域はsRGB:148%、DCI-P3:109% 。これまでのスマホディスプレイでトップの広色域
  • 有機ELディスプレイにすることで応答時間が短くなり、アクション映画やVRゲーム・VRなど動きのあるコンテンツに最適
  • HDR10サポート
  • P-OLEDと呼ばれるプラスチックOLED技術をベースにしているため、より人間工学的なデザインとより良い手触りを実現。サイドのエッジ部分は湾曲している
  • 耐衝撃性に優れたCorning(コーニング社)のGorilla Glass(ゴリラガラス) 5を採用
  • P-OLEDによる省電力の実現

参考

LG Newsroom ”NEXT MAJOR SMARTPHONE FROM LG TO FEATURE FIRST-EVER OLED FULLVISION DISPLAY”

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク