ソニーが新型スマホ向けカメラセンサーを発表。超スローモーションな動画撮影が可能に

スポンサーリンク

ソニーが新型スマホ向けイメージセンサーを発表。超スローモーションな動画撮影が可能に

ソニーのグループ会社、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社はDRAMを積層した3層構造のスマートフォン向け新型CMOSイメージセンサーを発表しました

【新センサーの概要】

①:高速読み出しによる、歪みを抑えた静止画

高速かつ低消費電力を特徴とする大容量DRAMを積層することにより、従来のイメージセンサー「IMX318」比で4倍の速さとなる、静止画1枚を120分の1秒で読みだすことが可能になりました。

これにより、CMOSイメージセンサー特有の画像の歪みである「フォーカルプレーン歪み」を抑えた撮影が可能になります。

・大容量DRAMを積層した、新センサーで抑えられる「歪み」(右が新センサー)

出典:ソニーホームページ

②:フルHDサイズで、毎秒最大1,000フレームのスーパースローモーション動画撮影が可能

高速読み出しにより、フルHD(1920×1080画素)サイズで従来品の約8倍となる毎秒最大1,000フレームでの、スーパースローモーション動画の撮影が可能になります。

・1,000フレームでのスーパースローモーション動画のようす

https://youtu.be/dFdU-JjypWs

いよいよ世界最大級のモバイル機器関連カンファレンス「CES 2017」の開催が迫ってきましたが、この新型センサーを搭載したソニーの新型スマートフォンの登場はあるのでしょうか?

リンク:

ソニー ニュースリリース:業界初※1、DRAMを積層した3層構造のスマートフォン向けCMOSイメージセンサーを開発

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク