米経済紙「そもそも、6月WWDCで新型MacBook Airが発表される予定だった。今は登場可能性低下」

スポンサーリンク

米経済紙「そもそも、6月WWDCで新型MacBook Airが発表される予定だった。今は登場可能性低下」

6月上旬の開催が近づく、アップルのWWDC2022。

アップルはこのカンファレンスで新しいMac製品を発表する可能性があり、その候補としては、新型「MacBook Air」が挙げられます。

米Bloombergの記者、マーク・ガーマン氏がレポートしています。

この新型MacBook Airでは、デザインが変更。くわえて昨年発表されたiMac(2021)のように、多数のカラー展開も行われ、ポップでキュートなイメージを打ち出して新たなユーザー層を獲得する見込み。

ほか、チップセットも新たに「Apple M2」を搭載。性能面でも抜かりありません。

一方、リリースが伝えられるAppleの複合現実型ヘッドセットですが、これのアナウンスについて、ガーマン氏は否定的な見解を示しています。

COVID-19流行の影響が・・・

登場への期待が高まる、新型MacBook Air。

ただここ最近、中国でのCOVID-19流行の影響により生産に遅れが生じていると、ガーマン氏。元々、アップルは今回のWWDCでこの新型MBAをアナウンスする予定であったもの、今となっては実際に発表されるのか、目下、状況は流動的なものとなっています。

SOURCE:macrumors.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク