Xperia Z5、4K/フルHD60FPS撮影では手ぶれ補正機能「SteadyShot」が効かず

スポンサーリンク

Xperia Z5、4KとフルHDで撮影した動画を比較

テックサイトPhoneArenaはXperia Z5で撮影した動画を公開しました。4K解像度とフルHD解像度のそれぞれから撮影しています。
・フルHD撮影動画

https://www.youtube.com/watch?v=ARMErY5IyXY

・4K撮影動画

https://www.youtube.com/watch?v=uDqiJ_jpct4

どちらもきれいに撮れていますが、手ぶれ補正機構の有無から、なんとフルHDで撮影した動画の方がブレがなくなめらかに見えます。ただフルHDディスプレイからこの動画を見てるわけで、4Kディスプレイから見ればまた違った感想になるのかもしれません。

前回紹介したXperia Z5/Z3比較動画を見てもわかる通り、Xperia Z5はこれまでのXperiaに比べ格段に手ぶれ補正機能が改善されています。

・Xperia Z5/Z3で撮影された動画の比較

https://www.youtube.com/watch?v=TwZWrsyUAok

[関連記事:Xperia Z5とZ3で撮影した動画の比較映像が公開]

これはソニーのデジタル一眼レフカメラ”α”にも搭載されているイメージセンサーシフト式の手ぶれ補正機構の”SteadyShot”によるものですが、実はこのSteady Shot、解像度がフルHD、30FPSの時にだけしか適用されません

加えてそのほかの撮影モード、例えば解像度フルHDで60FPS、あるいは解像度4Kで30FPSの時にはSteady Shotは適用できません。さらに言えば、4K撮影では60FPSでの撮影は出来ません

なんだかマイナスポイントばかり上げてしまいましたが、4Kで撮影された動画も当然ながらかなりきれいな動画に映っています。実際にこの撮影された4K動画をZ5 プレミアムの4Kディスプレイから見てみたいものですね。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク