ますます操作が簡単に!iPhone 6sでは3種類のタッチの違いを認識

iphone6s-losegold

こちらは新本体カラーとして噂のローズゴールド

スポンサーリンク

新たに搭載される「3D ディスプレイ タッチ」

リーク情報として、9日(現地時間)にも発表されるiPhone6sでは新たに「3D ディスプレイ タッチ」機能を搭載するとのこと。

これは今年春発売の「アップル ウォッチ」に採用されていた圧力センサー「Force Touch(フォース タッチ)」を更に改善させたもので、フォース タッチが”触れる”と”押す”の2種類のみのタッチを判別していたのに比べ、3D ディスプレイ タッチでは新たに”押し込む”が追加。”触れる””押す””押し込む”と、併せて3種類のタッチの識別ができることになるそうです。

この3Dディスプレイ タッチ、主に操作をより簡単にするために用いられるとのことで、例えば「地図アプリで画面を”押す”と目的地へ案内」だとか「itunesで曲を聴いている最中、曲名を”押して”友人に曲を送り、さらに”押し込む”と再生リストに音楽を追加」といったことが出来るそうです。

かねてからそのユーザーフレンドリーな操作性には定評のあるiPhoneですが、今回の「3D ディスプレイ タッチ」の追加により、更に便利に使いやすいスマートフォンになるのでしょうか。

[via:9to5mac]

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク