小池新党「希望の党」に対し寄せられる”ポピュリズム政党”の声。そもそも「ポピュリズム」ってナニ?

スポンサーリンク

小池百合子氏の新党「希望の党」に対し、寄せられる”ポピュリズム政党”の声

公式ページより

・そもそも「ポピュリズム populism」ってナニ?「ポピュリスト」とのちがいは?

・ポピュリズム populism

【意味】

人々にウケの良いことだけ言って人気をあおること。実現可能性や実行力を無視して、プレゼンだけうまい政治姿勢のこと。

また、このプレゼンだけ上手い人々のことを「ポピュリスト」と呼ぶ。

【特徴】

(1) カリスマ的指導者

カリスマ的な指導者による、煽動・煽りの類がある

(2)  経済的苦境に立つものへ見せる同情の姿勢と、異なる実際の行動

社会的に報われない人々(低賃金労働者など)に対し、同情と憐憫を表情を浮かべ、不満をくみ取るかのような姿勢を見せるが、実際には、彼らのためになるような政策は行わないことのほうが多い

(3) エリート層への嫌悪。相手の意見や議論を無視し、実行・決断を優先する

主たる支持層が社会的に報われない人々であるため、社会的に既得権を持つエリート層(知的・文化的・経済的すべて)に対して、冷淡な姿勢をとることが多い。

これらのエリート層が行うことの多い議論・熟慮・思考といったものを軽蔑し、反対派との議論を無駄なものとし、批判的な意見には耳を傾けない。

議論より、実行や決断が重要なものだと位置づける。行動主義。

反対派との議論を無駄なものとし、重要なのは議論ではなく決断や実行とする

(4) マイノリティ層に対する非難

支持者層へ一種の憂さ晴らし・パフォーマンスとして、社会的に保護されているとされるマイノリティへの非難をおこなうことで広範な人気を獲得する

(5)常に「敵」を作って人気を維持する

要するに、実現不可能なウケの良いことを並べているだけなので、仮に政権を獲得しても掲げていた政策は実現できないことが多い。

その場合、仮想敵を作り、その集団による妨害のために政策が実現できていないとして支持者をなだめる。

その場合の「敵」は、先ほどの (3) 知的・文化的・経済的エリート層 (4) マイノリティ層が選ばれることが多い。

【「ポピュリスト」と呼ばれている人の例】

ドナルド・トランプ(アメリカ大統領)

マリーヌ・ル・ペン(フランス国民戦線党首)

オルバーン・ヴィクトル(ハンガリー首相)

フラウケ・ペトリ(ドイツのための選択肢党首)

シルヴィオ・ベルルスコーニ(イタリア元首相)

ウラジーミル・プーチン(ロシア連邦大統領)

ウゴ・チャベス(ベネズエラ元大統領)

ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ (フィリピン大統領)

毛沢東 (中華人民共和国 元国家主席)

フアン・ドミンゴ・ペロン(アルゼンチン元大統領)

ナイジェル・ファラージ (イギリス独立党党首)

【世界での受け止められ方】

一般的に、第二次世界大戦でのポピュリズム=ファシズムによる戦禍を被ったヨーロッパでは否定的な意味合いで用いられる。

その一方で、宗教的原理主義(福音主義)やプラグマティズム(実用主義・道具主義)の強い影響の下、選択的な反知性主義・反エリート主義の風土が色濃いアメリカでは、肯定的な意味合いとして用いられることも多い。

・小池百合子氏&「希望の党」に対するTwitterでの反応

参考文献

リチャード・ホーフスタッター『アメリカの反知性主義』みすず書房、2003年

ヤン=ヴェルナー・ミュラー『ポピュリズムとは何か』2017年

ブリタニカジャパン「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典」

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク