ウォールストリートジャーナル報道「2020年は全てのiPhoneが有機ELディスプレイ搭載になる」

スポンサーリンク

ウォールストリートジャーナル報道「2020年は全てのiPhoneが有機ELディスプレイ搭載になる」

Appleは、2020年発売モデル以降、全てのiPhoneからLCDスクリーンをなくすことを目指しているようです。

アメリカの大手経済新聞 The Wall Street Journall の報道よれば、今年2019年発売のiPhone XR-2が最後の液晶ディスプレイ搭載モデルとなり、2020年からは全てのモデルが有機ELディスプレイを搭載することになる模様。

有機ELディスプレイの搭載で考えられるのが、「より柔軟なデザイン」の方向性。

数々の特許から、アップルが長年、さまざまなスマートフォンのデザインを模索してきたことが明らかになっており、米大手経済メディアのブルームバーグは、2018年「(昔あったLGのLG Flex のような)有機ELディスプレイによる曲面ディスプレイを採用した iPhone」や「(サムスンが開発中のGalaxy Fのような)折りたたみ型iPhone 」登場の可能性をレポートしています。

・折りたたみ型 iPhone の特許

情報元

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク