ミンチー・クオ「iPhoneは2020年から5G対応。モデムはサムスンとクアルコムが供給」

スポンサーリンク

ミンチー・クオ「iPhoneは2020年から5G対応。モデムはサムスンとクアルコムが供給」

先日、5Gスマートフォン向けモデム事業からインテルの撤退が伝えられたのは記憶に新しいところ(リンク;CNET)。

加えて今回、ITアナリストのミンチー・クオ氏がレポートするところによれば、アップルの新型「iPhone」向け5Gチップのサプライヤーとして、従来のクアルコムに加え新たにサムスンが浮上しているようです。

すなわち2020年、iPhoneはクアルコムとサムスン、2社の5Gモデムチップ供給体制となる模様。

・2019年iPhoneは、5Gに対応しない

今回のレポートは同時に、「2019年に発売されるiPhoneが5G対応ではない」ことを裏付けてもいます。

Kuo氏はまた、5Gへの対応により、2020年発売のiPhoneは大幅に販売台数をアップさせるものと考えているようです。

Via

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク