19年発売?PlayStation 5の噂6つ。「すでにPS5の開発機が配布中」など

スポンサーリンク

PS4のその先、気になるPlayStation 5(PS5)の噂とリーク情報と

playstation_logo_2

・このページは?

次世代ゲーム機「PlayStation 5(PS5)」に関する噂情報のまとめページです。

・更新情報

8/21:「①:発売時期は2019年?2020年?」

New➾①:発売時期は2019年?2020年?

発売日

発売時期に関しては意見が割れており、

・大手ゲームサイトKotaku編集者のJason Schreier氏は、

➾「複数のゲーム業界関係者の話を総合すれば、PS5の発売は2020年の可能性が高い。PS5が2019年中に発売される可能性は低い。」

・一方、ウェドブッシュストラテジーズのアナリスト、マイケル・パクター氏は、

「PS5は2019年初頭に発売される」。その理由は「PS4はよく売れているが、発売4年以上が経ち、さすがに売り上げが落ちてきた。2017年の各四半期の売り上げは前年を下回っている」ため。

New➾・エース証券(大阪府中央区)は、

「2019年末発売」

といった意見が出ている。

ただ、2019年初頭発売ならE3 2018で発表されていたはず。そう考えると、「2020年発売」説のほうが、部があるように思える。

参考:Forbes、 WSJdualshockers

②:SIE社長「新型PS4は最後のPS4。次の”新型”は無いし、これまでのゲーム機投入サイクルも変えない」

これは2016年6月の投資家向け説明会で、SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)社長であるアンドリュー・ハウス氏がコメントしたもの。

それによると、

・2016年11月に発売された新型PS4は、PS4最後のアップデートモデル

・新型PS4の発売後も、ゲーム機の発売サイクルはこれまで通り「6年」が単位。6年ごとに、PSのメジャーアップデートを行う。

とのこと。

ここで述べている「最後のアップデート」に、騒音対策やコストカットがなされたマイナーアップデートモデルまでを含むのじゃは、不明。

SIEハウスCEO「新型PS4”Neo”は、最後のPS4アップグレード機になる」 【わかりやすい3行まとめ】 ①:新...

参考:yibaba.com

なお、歴代PSの発売サイクルは次の通り。「6年」ごとに発売とすると、2019年にPS5がリリースされることになるが…?

・歴代PlayStationの発売日

ハード名 発売日(最速地域)
PlayStation 1994年12月
PlayStation 2 2000年3月
PLAYSTATION 3 2006年11月
PlayStation 4 2013年11月
PlayStation 5 2019年?

③:CPU・GPUのスペック

テックサイトWCCFtechによるレポート

CPU:AMD製8コア”Zen CPU”

GPU:次世代アーキテクチャーでNavi世代のものをPS5向けにカスタマイズ

その他:PSVRと、より根本的な次元から統合され、より密接にコネクトする

また、「すでにPS5の開発用キットが配布されている」とのこと

New➾④:FF15はPS5でもリリース?

・FF15はPS5でもリリースされる?スクエニの気になる動き

人気RPG「ファイナルファンタジーXV」でディレクターを務めた田畑端 氏は、DualShockersのインタビューにおいて、FF15の次世代機でのリリース構想を明らかにしている。

New➾⑤:「ジャストコーズ」のスタジオ、すでに次世代ゲーム機用スタッフの人材を募集中

・アバランチスタジオ、既に次世代ゲーム機の人員を募集中

スクウェア・エニックスの人気シリーズ「ジャストコーズ」で知られるスウェーデンのスタジオ、アバランチスタジオ。同スタジオはすでに「次世代プラットフォーム」のタイトルに携わるスタックの人員を募集している。

⑥:「バーンアウト」シリーズの開発者「PS5では物理エンジンに革命がおこる」

xbox360_burnout_paradise_demo_multiplay

バーンアウト パラダイス

テックサイトEDGEのインタビューに答えたゲーム開発者、ポール・ロス氏は、「PS5では物理エンジンにパラダイムシフト(革命)が起こる」と述べている(海外リンク)。

それによると、これまでの物理エンジンではドリームキャスト以来、ずっと剛体レベルの動きしかとらえられなかったものが、PS5では分子レベルのふるまいまでとらえられることが可能になり、それによってゲーム内の世界が明らかにダイナミックでインタラクティブなものになるとのこと。

ポール・ロス氏は、2014年までRCG「バーンアウト」シリーズで知られるゲームスタジオ「Criterion」に所属し、ゲームディレクターを務めていた。

参考:videogamer.com

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク