【実機レビュー】TECLAST X10 3G Phablet。10インチで1万円、3G通信も使用可なタブレットの出来は?

スポンサーリンク

【実機レビュー】TECLAST X10 3G Phablet。10インチで価格1万円、3Gも使用できるタブレット

DSC_0042

0.はじめに

海外の通販サイト「GEARBEST」さんから商品提供をいただきましたので、中国Teclast社製タブレット「X10 3G Phablet」のレビューを行ないます。

本商品は10インチのAndroidタブレットながら価格は1万円と実に魅力的な一品となっていますが、中身の方は果たしてどうでしょうか?

商品提供は受けましたがそれはそれ。ユーザー目線の厳しめのレビューを行っていきたいと思います。

1.ここが○ここが×

ここが○ ここが×
10インチタブレットが1万円の安さ 日本語非対応
インターネット使用やYouTube720p視聴なら問題ない性能 3Dゲームをやるには心もとない性能
ディスプレイがキレイ 5時間ほど使っていたらmicroUSBポートが壊れた
動かないアプリが多い

2.スペック

OS Android 5.1
CPU MTK8392、1.4GHz,オクタコア
RAM 1GB
ROM 16GB(使用可能容量11.12GB)
画面 10.1インチIPS液晶、1280 x 800
外部メモリー 128GB までmicroSDカード
WIFI 802.11b/g/n
通信 GSM 850/1800MHz

WCDMA 2100MHz

カメラ メイン200万画素/フロント30万画素
バッテリー 3.7V/5800mAh
サイズ 26.00 x 16.30 x 0.96 cm
重さ 0.567 kg

3.外観

・同梱物

同梱物は本体、説明書、micro USBケーブル、充電ケーブル。1万円なので高級感は無く、そこそこな作り

Teclast

・3G通信対応SiMスロットとmicroSDスロット

DSC_0030

・背面

DSC_0027

・前面

Teclast_2

・9.8mmと厚みはけっこうある

DSC_0056

4.IPS液晶によるディスプレイ性能が良い

・明るく、視野角も広く

IPS液晶を用いたディスプレイはタブレットとしては明るく、視野角も良く角度をつけてディスプレイを眺めてもきれいです。ただし10インチでHD解像度なので、全体的に画面に少しぼやけた感じがあるのは否めません。

DSC_0049DSC_0055DSC_0052

DSC_0051
DSC_0045
DSC_0046
DSC_0043

5.日本語に対応していなかったり、動かないアプリが多かったり、ポートがすぐに壊れたり…

・日本語非対応

本製品の非常に残念な点として、日本語に対応していません。

もちろんMoreLocal2など日本語化させるアプリなどを使用すればよいのですが、あれはあれで設定が面倒なので結局、英語表示のまま使用しています。

・使用できる容量は11.12GB

ストレージ容量の16GB中、実際に使用できるのは11.12GBです。

Screenshot_2016-06-27-03-09-21

・使えないアプリが多い

Abema TVやパズドラなどのソフトはインストールしても動きませんでした。システム言語の影響かはわかりません。ディスプレイがキレイなのでAbemaTVが動けばよかったんですけどね。

・microUSBポートがすぐ壊れた

5時間ほどの使用であっさりとmicroUSBポートが壊れ認識しなくなりました。昔、使っていた初代Nexus 7が1年間ほどの使用でポートが壊れたことがあったものの、まさか5時間で壊れるとは…。

microUSBポートとは別に専用の充電ポートが有るので、使用それ自体は何とかなっているものの、まあこれには驚きました。

6.性能

・Antutu2万2000スコア

ベンチマークソフト「Antutu Ver.5.0」のスコアは22,145スコア。決して高性能ではなくそこそこといった感じですが、YouTubeの720pHD動画を視聴することは出来ます。

Screenshot_2016-07-25-11-54-03

・Antutu2万スコア前後のタブレットの例

ZenPad 7.0・・・21000スコア

Nexus 7(2013)・・・22000スコア

BNT-71・・・25000スコア

・デレステは「2D標準」。3D表示だとギザギザがひどい

「デレステ」では2D標準でした。まあAntutu2万点なのでいたし方ありません。一応3D標準でも動きますが、その場合ジャギ―(ギザギザ)がひどくなり、また曲によっては案の定もたつきが生じます。

加えて2D標準でやるとHD画質によるボケボケ感が強調され、これもあまり良いものではありません。

Screenshot_2016-07-25-12-43-58

DSC_0047

7.まとめ

というわけで、せっかく提供してもらったものに対しこう言うのもあれですが、本製品は全体的にオススメするのが微妙な商品となっています。

10インチで1万円ちょっとという価格、そして美しいディスプレイとインターネットをやるのには問題ないスペックなど、評価すべきところも多いものの、やはり使えないアプリの多さ、日本語非対応、そしてすぐに壊れた端子など目を覆いたくなるような点が多いのも確かでしょう。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク