17秋、MIL規格対応、堅牢・耐久性に優れたノートパソコン 4機種のまとめ紹介

スポンサーリンク

MIL規格対応、堅牢・耐久性に優れたノートパソコン 4機種のまとめ紹介

このページの目的:

MIL規格(MIL-STG-810G)に対応したノートパソコンを紹介

・MIL規格とは?

アメリカ国防総省が制定する規格である「MIL規格(MIL-STD-810G)」。落下や衝撃など数々の基準をクリアした、高い耐久性や堅牢性を持った製品に対して認証される規格です。

・温度、高温低温、凍結、落下、衝撃、高度など様々な項目にわたってテストが行われるMIL規格認証テスト(HP Pro×2のページより)

このページでは、MIL規格(MIL-STG-810G)に対応したノートパソコンを紹介しています。

・製品比較早見表

今回紹介したノートPCのスペック比較表

機種名価格画面メモリ容量CPUスコアバッテリー実使用時間重さkg
Acer:TMB118RN-A14Q8.4万円11.6型4GB128GB111013時間1.5
HP:HP Pro x2 Corem311.8万円12.0型4GB128GB360010時間1.2
HP:HP Pro x2 Core-i5 12.9万円12.0型8GB128GB362010時間1.2
東芝:dynabook UX53/D13.78万円13.3型4GB128GB470017時間1.09
レノボ:ThinkPad X1 Carbon Core-i522.6万円14.0型8GB128GB400015時間1.13
レノボ:ThinkPad X1 Carbon Core-i723.9万円14.0型8GB128GB481015時間1.13

※1:CPUスコア…総合性能を計測するベンチマークソフト「Passmark」でのスコア

【MIL規格認証、堅牢性にすぐれたPCのくわしい紹介】

・Acer:TMB118RN-A14Q

価格:84,000円

2017年3月発売

【ポイント】

①:軍用規格(MILSTD810G)準拠、衝撃や防水防塵に耐えるタフな仕様

②:Kaby Lake世代CPU

③:LTEモデルも用意されている2 in 1タブレットPC

④:最長13時間駆動

・スペック

ストレージ:128GB SSD

OS:Windows 10 Pro 64ビット

CPU:インテル Celeron プロセッサー N3350 1.10GHz-2.40GHz

CPUベンチマークスコア:1110

メモリ:4GB LPDDR3

画面:11.6インチ光沢(グレア)パネル

画面解像度:1920 x 1080 (フルHD)

記憶容量:128 GB SSD 実使用可能118GB

GPU:Intel HD Graphics 500

通信:IEEE802.11 a/b/g/n/ac

ポート:イーサネット(RJ-45)ポート x1(1000Base-T/100Base-TX/10Base-T 準拠)、USB 3.0 ポート x1、USB 2.0 ポート x1、HDMI ポート (HDCP対応) x1

外部ストレージ:microSDカードスロット搭載

カメラ:搭載(画素数不明)

サイズ:300×9.1×219.3 mm

バッテリー駆動時間・持ち:3220mAh 13時間

重さ:1.50kg

その他:オフィス付モデル販売あり

・HP:HP Pro x2 612 G2 LTE対応

価格:11万8000円(Core-m3 LTEモデル)/12万9000円(Core-i5 LTEモデル)

2017年4月発売

【ポイント】

①:軍用規格(MILSTD810G)準拠、衝撃や防水防塵に耐えるタフな仕様

②:Kaby Lake世代CPU

③:LTEモデルも用意されている2 in 1タブレットPC

④:軽量850g

・軍用規格「MIL-STD810G」に加え、HP独自の耐久テストもクリア

・スペック

OS:Windows 10

CPU:Core m3-7Y30/Core i5-7Y5

CPUベンチマークスコア:3600(m3)/3620(i5)

メモリ:4GB LPDDR3(m3モデル)/8GB LPDDR3(Core i5モデル)

画面:12インチ

画面解像度:1920×1280

記憶容量:128 GB SSD(m3モデル)/256 GB SSD(Core i5モデル)

GPU:Intel HD Graphics 615

通信:4GLTE、Wi-Fi対応 IEEE802.11 a/b/g/n/ac

外部ストレージ:microSDカードスロット搭載

ポート:USB3.0×1、USB Type-C  3.1×1

カメラ:800万画素

サイズ:300×9.1×219.3 mm

バッテリー駆動時間・持ち:10時間

重さ:本体850g、本体+キーボード1.2kg

・東芝:dynabook UX53/D

価格:13万7800円

2017年6月発売

【ポイント】

①:軍用規格(MILSTD810G)準拠、衝撃や防水防塵に耐えるタフな仕様。26の方向、一般的なデスクの高さ76cmからの落下に耐えうる

②:17時間駆動バッテリー

③:高速40Gbps/秒での転送が可能なThunderbolt(USB-Cポート)に対応

・比べてわかる、Thunderbolt 3の転送速度のすごさ

USB 3.0(5Gbps)の8倍、USB 3.1(5Gbps)の4倍の転送速度を誇る

・スペック

OS:Windows 10 Home 64bit(Creators Update 適用済)

CPU:Core i5 7200U (Kaby Lake) 2.5GHz/2コア

CPUベンチマークスコア:4700

メモリ:4GB LPDDR4 PC4-17000

画面:13.3インチ

画面解像度:フルHD液晶 1920×1080

記憶容量:128 GB SSD

GPU: Intel HD Graphics 620

通信:Wi-Fi対応 IEEE802.11 a/b/g/n/ac

外部ストレージ:microSDカードスロット搭載

ポート: USB Type-C/Thunderbolt 3×2、USB3.0×2、HDMI×1

カメラ:720pカメラ 画素数不明

サイズ:316×15.9×227 mm

バッテリー駆動時間・持ち:17時間

重さ:1.09 kg

その他:Microsoft Office Home and Business Premium搭載

・レノボ:ThinkPad X1 Carbon(2017年直販モデル)

価格:22万4640円(Core i5 6200U)~/23万9760円(Core i7 6500U)

※カスタマイズによって異なる

2017年2月発売

【ポイント】

①:軍用規格(MILSTD810G)準拠、衝撃や防水防塵に耐えるタフな仕様

②:わずか1時間で80%の充電ができる高速充電

③:高速40Gbps/秒での転送が可能なThunderbolt(USB-Cポート)に対応

・比べてわかる、Thunderbolt 3の転送速度のすごさ

USB 3.0(5Gbps)の8倍、USB 3.1(5Gbps)の4倍の転送速度を誇る

④:Windows Helloに対応し、指紋認証センサーや顔認証に対応

⑤:最厚部80mmの薄さ、1.13kgの軽さ

⑥:バッテリー持ち時間が15時間

・スペック

OS:Windows 10 Home (64bit)/Windows 10 Pro (64bit)

CPU:Core i5 6200U~Core i7 6600U(カスタマイズ可能)

CPUベンチマークスコア:4000(i5 6200U)/4810(i7 6600U)

メモリ:8GB LPDDR3 1866MHz

画面:14.0型、明るさ300ニト、非光沢(ノングレア )IPS液晶

画面解像度:フルHD液晶 1920×1080

記憶容量:128 GB SSD

GPU: Intel HD Graphics 520

通信:Wi-Fi対応IEEE802.11 a/b/g/n/ac

外部ストレージ:microSDカードスロット搭載

ポート: Thunderbolt 3(USB Type-C)×2、USB 3.0×1、HDMI×1

カメラ:720pカメラ画素数不明

サイズ:470x80x300 mm

バッテリー駆動時間・持ち:15時間、57Wh

充電時間:2.4時間

重さ:1.13kg~

その他:指紋認証センサー搭載

スポンサーリンク