アップル18年Q2決算、iPhone Xが不調というほど酷くなく、増収増益。サービス部門が好調

スポンサーリンク

アップル18年Q2決算、iPhone Xが不調というほど酷くなく、増収増益

Appleが5月1日(現地時間)、2018年第2四半期(1~3月)の決算を発表。売上高は前年同期比16%増の611億3700万ドル、最終的な儲けを示す純利益は同25%増の138億3300万ドル(1株当たり2.73ドル)を示し、増収増益となりました。

売り上げ総利益は234億2200万ドル、売り上げ総利益率は38.3%。

またiPhone Xの低調が囁かれているiPhone事業も、不調というほど酷くなく踏みとどまり、出荷台数は3%増の5221万7000台。iPadも前期を上回る1317万台となりました。

売り上げにおいては、サービス部門の存在感が増すものとなっています。

・アップルの四半期ごとの売上高

売上高(単位:ドル)
17Q3 (4~6月) 454億8000万
17Q4  (7~9月) 525億7900万
18Q1 (10~12月) 882億9300万
18Q2 (1~3月) 611億3700万

・アップル製品別売上高と製品別シェア

・製品別売上高

・製品別シェア

一時は70%以上あったiPhoneのシェアが62%に。サービス部門が存在感を増している。

製品 シェア
iPhone 62.2%
iPad 6.7%
Mac 9.6%
サービス 15.0%
その他製品 6.54%

・アップルの売上高に占める、各地域の割合

アメリカで4割近くと、近年またアメリカのシェアが高くなっている。以下ヨーロッパ、中国。日本も存在感ある位置に。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク