【不具合】Galaxy S7・S7 edge、Android 7.0アップデートで10%程度のバッテリー持ち悪化が報告

スポンサーリンク

Galaxy S7・S7 edge、Android 7.0アップデートでバッテリー持ちの悪化が報告

ここ最近、色々とバッテリー関係のトラブルが相次いでいるサムスン製スマートバイスですが、今度はAndroid 7.0にアップデートしたGalaxy S7およびGalaxy S7 edgeにおいて、10%のバッテリー持ちの低下がレポートされています。

テックサイトのPhone Arenaによると、Android 7.0 Nougatアップデート後のGalaxy S7・Galaxy S7 edgeを用いて、アップデート前と後でのバッテリー持ちのテストを行ったところ、両機種ともにおいて、バッテリーライフの悪化が確認されたとのこと。

その結果、Galaxy S7において9.4%、Galaxy S7 edgeにおいて8.1%のバッテリー時間の悪化が認められたそうです

テスト方法は、室内での使用を想定してディスプレイ画面は200ニトの明るさ、そしてスマートフォンにおける一般的な使用により測定されました。

参考:

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク