【実際に買って使用!】オススメ&評判の良い、マッサージャー機器・6機種紹介。肩こり・頭痛・頭のコリ疲れ解消に

スポンサーリンク

実際に買って試しました!評判の良い、疲れた体を癒してくれる家電の比較

日々生じる肩こりや首痛、頭痛や足の痛みなどの「疲れ」。今回はそんな疲れを解消してくれる、評判の良いグッズの紹介です。

【筆者が実際に買って良かったモノ】

以前介護職や農業に就いていたことから腰痛持ちとなり、そのためけっこう健康グッズが好きな筆者。気が付いたらそこそこの機種を買って試しています。

・スライブ:MD-420

・肩や首、腰など患部に当てて使います

実売価格6000円ほど

Amazonスコア:4.5(28件のカスタマーレビュー)

これまで買った様々な機種の中で、一番感動したのがこれ。

家電店で類似商品を比較して一番よさげだったので買ったのですが、5つの異なった動きをするローラー機構により、本当に人の手で揉んでもらっているかのような感覚を得ることが可能。この感覚は、数倍から数十倍する高価なマッサージ機でも味わえません。

使用の際は、揉みたい箇所に自分で機械を当てて使います。当てた位置ごとに、絶妙に異なった「揉み」が生まれるのもグッド。

ただ使いすぎたのか、買ってから1か月ほどでACアダプタが断線。結果、現在では使用中突然動かなくなることがあるのが玉にキズです…。

【ここが〇】

  • 本当に人に肩をもんでもらっているかのような、独特の動きが実に疲れに効く
  • 安い店では6000円ほどで売っていて、値段も実に手ごろ

【ここが×】

  • 使い込んでいたせいか、買ってすぐにACケーブルが断線した

リンク先は新たにヒーター機能が付いたバージョンアップ製品(それでいてなぜかMD-420より安い)、「MD-425」です。

・フジ医療器:マイリラ シートマッサージャー MRL-1100

実売価格28000円ほど

Amazonスコア:4.8(9件のカスタマーレビュー)

【ポイント】

最近人気のシート型マッサージャー。シート型なので、手軽に持ちはこべることができ、さらに場所も取らないのが良ポイント。

さらにこの「MRL-1100」は、大手メーカー・フジ医療器が製作しているだけあって、シート型ながらもなかなか本格的の強力な揉み心地を発揮。

加えてほかのシート型マッサージに比べ、さまざまな設定で細かいもみ方ができる仕様となっています。

【マイリラ シートマッサージャー MRL-1100 の もみ方・仕様】

自動もみ時間:15分

たたき早さ:3段階(速い・ランダム・遅い)

マッサージ箇所:全身・肩・腰

モミ玉ヒーター:○

座バイブ:○

もみスピード調節:可能

もみ箇所調節:可能

もみ方:自動(全身・肩・腰)・さざなみ・たたき・背筋伸ばし

【ここが〇】

  • 持ち運びできる手軽なシート型ながら、なかなか強力な揉みを発揮
  • 本格派なマッサージ機に比べると、3万円ほどと安価

【ここが×】

  • 椅子に敷いても使えるが、性能を発揮するには結局、専用の設置チェア(1万円ほど)が必要

パナソニック: 頭皮エステ サロンタッチタイプ EH-HE98-RP

価格: 11,000円ほど

Amazonスコア:4.8(9件のカスタマーレビュー)

【ここが〇】

  • ヘッドスパサロンに近い動きを目指し開発されたとのことで、確かになかなか本格派な、頭皮に密着し引き上げるような心地よいヘッドスパ感がえられる
  • それぞれの独立した動きを見せるブラシの動きが気持ち良い

【ここが×】

  • 主に使うのは入浴時となり、そのため使うのが面倒くさい

【そのほか、評判の良いマッサージ機器】

以下はこれから試してみたい商品、評判の良い商品を紹介しています。

・オムロン:エアマッサージャ ディープブラウン HM-260-DB

・オムロン:ネックマッサージャ ブラウン HM-141-BW

価格:¥ 4,793

Amazonスコア:3.7(225件のカスタマーレビュー)

【ポイント】

  • 首や肩まわりにフィットしやすいコンパクトな形状。ほぐしたい部位にピッタリとあててマッサージを行うことが可
  • ヒーター内蔵のもみ玉が、温めながらコリをほぐす
  • 軽量2kg。首や肩まわりに乗せても負担が少なく、さらにはスイッチを押すだけの簡単操作
  • 首や肩だけでなく、腰や太もも、ふくらはぎなど、こりや疲れを感じやすい部位にも使用可能

・クロシオ:マッサージ器 ネックマッサー も~む

価格:¥ 6,300

Amazonスコア:4.3(220件のカスタマーレビュー)

【ポイント】

・肩に乗せてスイッチを押すと首、肩、背中、腰を揉みほぐしてくれる仕様

・モミ玉部は大・中・小の3サイズ、合計8つのもみ玉が1分ごとに正転、反転を繰り返す

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク