著名アナリスト「次期iPad Pro向けミニLEDディスプレイが20年第4四半期から出荷開始」

スポンサーリンク

著名アナリスト「次期iPad Pro向けミニLEDディスプレイ、20年第4四半期から出荷開始」

正確な情報提供で知られるアナリスト・Ming-Chi Ku氏から、新たな予測レポートが寄せられています。今回はミニLEDディスプレイについて。

ミニLEDディスプレイの出荷次期

次期iPad Pro・同MacBook Proへの搭載が伝えられるミニLEDディスプレイ。

Kuo氏によれば、このディスプレイの主な供給メーカーは台湾Epistar。同社は2020年第4四半期(10月〜12月)からアップル製品向けのミニLEDディスプレイを出荷開始予定。ただ現状では生産上の問題を抱えているため、その出荷量は当初目標の50%ほどとなる30万〜40万パネルの間に落ちつくとのこと。

なおKuo氏の見解によれば、アップルはミニLEDディスプレイを備えた製品を2021年末までに少なくとも6つリリースします。

SOURCE;macrumors 

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ

フォローする

スポンサーリンク