【レビュー&攻略】『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』。スプラトゥーンを楽しんだ方向け。81点

スポンサーリンク

【レビュー&攻略】『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』

ゲームレビュー&内容紹介コーナー、今回はアクションゲームの『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』です。

ⅰ)どんな内容?

『#コンパス 【戦闘摂理解析システム】』はドワンゴとNHN PlayArtが提供するストラテジーゲームとカードゲームの要素を組み合わせた陣取りアクションゲーム。

3分という決められた制限時間の中で、3Dで描かれるフィールドを自由に移動し、互いの陣地を奪いあうリアルタイムアクションになっています。

基本無料のアプリゲームとしては非常に出来が良く、飽きずに遊べるよう配慮されたゲームシステムになっています。
また他プレイヤーとの対人戦闘や協力プレイも魅力的で、少ない通信量の中でもスムーズなパフォーマンスで楽しむ事が出来ます。

他プレイヤーとの協力プレイ、戦略的な陣取りアクション、リアムタイム対戦の緊張感などなど、実際にプレイしてみると、かなり任天堂のWiiUソフト『スプラトゥーン』を意識して作られているのが分かります

同タイトル経験者なら趣向が外れるという事も無いのではないでしょうか。

加えて、製作元がドワンゴという事で、ゲーム内でニコニコ生放送の配信が出来るなど強い媒体を生かしたコンテンツも豊富。改良点などはまだあるようですがスマホゲームとして未来性のある作品だと感じました。

ⅱ)良かった点

・ゲームとして純粋に面白い

ガチャ要素のあるゲームだと、どうしてもキャラクターの育成やデザインがメインになりがちですが、「#コンパス」はゲーム性も高く飽きずにプレイする事が出来ます

・課金重要度が低く、ゲーム内のみで楽しめる要素が多い

レアガチャやノーマルガチャを規定数引くと、キャラクターのチケットがもらえたり、同じキャラクターを手に入れると違うコスチュームにする事ができます。

そのため、課金しなくても十分に楽しくプレイできます。

・配信用システムが付いている

似た内容の「スプラトゥーン」がゲーム配信などで人気を博した事から、初めから配信用のシステムが組み込まれているのは面白い要素だと感じました。

ⅲ)悪かった点

・どうしても二番煎じ感がある

もう少し「このゲームだからこそ出来る」と思える要素が欲しいです…。

・動作が重い

グラフィックがきれいな本作、そして多人数アクションという通信量がどうしても多くなるジャンルのゲームなためか、プレイ中に動作が重くなることがあります。体感的にはiPhone 5だと重くなりがち、iPhone 5sからならプレイしていてもストレスを感じることはありませんでした。

せっかくの良いアクションも、カクカクされるとゲームに入り込みにくいです。

Ⅳ)レビュー点数、100点満点中

81/100点

プレイ機種:iPhone 5、iPhone 5s、iPhone 6s、Xperia Z5

Ⅴ)ゲームダウンロード

iPhone版⇓

Android版⇓

Ⅵ)序盤の攻略

■序盤の攻略法

最初に選ぶ事の出来るヒーローは全部で10種類いますが、それぞれしっかり役割分担されているので、どのヒーローでゲームをスタートしてもそこまで差は開きません。

プレイ状況や対戦相手によって特定のキャラクターの必要度が変わってくるため、自分の好みでヒーローを選択して問題はないです。

強いて挙げれば「十文字アタリ」というヒーローが最も平均的なステータスを持ち、スキルも優秀なので、特にこだわりが無ければ彼を選んでおけば間違いないでしょう。操作しやすく序盤から活躍してくれます。

「コンパス」の戦闘においてはセオリーを知る事が最も大切です。まず意識すべきは出来る限り「倒されない」こと。

最初のうちは相手を倒したり、ポータル奪取に意識がいきがちで、不用意に相手の懐に入り倒されてしまうようなミスを犯しがちです。

自分だけにペナルティがあればいいのですが、倒されると相手チームの能力が上昇したりどんどん挽回が効かない状況になっていくので、倒されないよう意識して立ちまわるのはこのゲームにおいてかなり重要な要素です。

また3つの属性によって攻撃力が変化し、弱点属性に攻撃すれば通常の1.2倍の攻撃力にアップします。当然相手も同じ状況なので、常に相手の属性を意識したプレイングが必要になります。

育成に関しては序盤のプレイはカードエナジーがどうしても不足しがちになるため、カード強化する場合は、メインで使うキャラクターに集中して行った方が効率が良いようです。

Twiiterフォロー
スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク